博文局

6 の用例 (0.00 秒)
  • 政府の機関である「博文局」が発行した。
  • しかし博文局は焼け、その復旧に手間取り、ハングルを使うという空気ではなかった。
  • 「博文局」の総裁に金允植が任命され、井上も博文局主任として留任する形となった。
  • これが受け入れられ登竜門に教育・文化を扱う博文局が設立され、穏健派の金允植がその責任者となり同年10月1日、同局から「漢城旬報」を創刊した。
  • 日本の外務省の支持を受けて井上は同年7月に朝鮮に再渡航し、朝鮮の外務顧問と博文局主任の地位に復し、井上の離任後暫くして休刊となっていた『漢城旬報』を再刊した。
  • 残った井上は統理交渉通商事務衙門協弁金允植の知遇を得て同年6月に外交顧問、新聞発行の主体となった博文局主任となり、10月に朝鮮近代で最初の新聞である『漢城旬報』発行にこぎつけた。