博文官房長官

7 の用例 (0.00 秒)
  • 平野博文官房長官を中心に、前年末から密かに検討がなされ、地元有力者との接触を図っていた。
  • 鳩山首相は同案を平野博文官房長官を通じて日銀に打診したが、拒否された。
  • また、この「締め出し」は記者クラブだけではなく、既存メディアや平野博文官房長官の意向を汲んでいるとの指摘もある。
  • このような地方自治体における外国人参政権反対の優位の状況に対して、2010年1月、平野博文官房長官は「地方自治体の問題ではなく、わが国に住んでいる住民の権利としてどうなのかという概念だ」と、外国人に対する地方参政権付与は地方自治体の意見と無関係とした。
  • 平野博文官房長官が、2010年2月25日に公表した統一見解に関し、記者会見で「本来、憲法で言っている概念からいくと、天皇は国政に関する権能を有しないので、政治利用が存在することはあり得ない」と強調し、政治利用の論議自体を否定したことに対し自由民主党や日本共産党が反発、一方、民主党からは擁護論が出た。
  • これは、2010年1月21日の衆議院予算委員会での自民党谷垣禎一総裁の質問を受け、民主党鹿野道彦予算委員長が公的行為に対する統一見解を出すように要請し、平野博文官房長官が政府見解を出すと表明していたものである。
  • 自民党では谷垣禎一総裁が「小沢氏の一元支配、独裁という姿がはっきりしてきた」と批判 する一方、平野博文官房長官は「小沢支配」は曲解だと反論している。

博文官房長官 の使われ方