博文伯

6 の用例 (0.00 秒)
  • 然れども篤麿が私情に於て伊藤博文伯に繋けたる所の希望は、全く水泡に属したり。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用
  • 黒幕にいた伊藤博文伯がふたたび枢密院議長の席に就いて、危機はひとまず収まった。 高田宏『言葉の海へ』より引用
  • 非解散意見書中にも亦言へり、現内閣総理大臣伊藤博文伯に対しては、私交上寧ろ其の人を徳とする所あり。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用
  • 非解散意見書中にも亦言へり、現内閣總理大臣伊藤博文伯に對しては、私交上寧ろ其の人を徳とする所あり。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用
  • 篤麿が私交の上に於て伊藤博文伯に対するの情実に師父に対するの情に劣らざるものありて存す、豈一毫の怨恨あらむや。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用
  • 篤麿が私交の上に於て伊藤博文伯に對するの情實に師父に對するの情に劣らざるものありて存す、豈一毫の怨恨あらむや。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用

博文伯 の使われ方