博文や井上馨

6 の用例 (0.00 秒)
  • 一三は伊藤博文や井上馨の居宅で生活し渡航の機会を窺がっていた。
  • 当初の福澤の計画では、政府の伊藤博文や井上馨の要請を受けて政府系新聞を作る予定だった。
  • しかしその能力は政府からも認められており、伊藤博文や井上馨等より再三の仕官の要請を受けている。
  • 日本では、伊藤博文や井上馨らがロシアとの妥協の道を探っていたが、山縣有朋や桂太郎や西郷従道や松方正義や加藤高明らはロシアとの対立はいずれ避けられないと判断してイギリスとの同盟論を唱えた。
  • 大隈は伊藤博文や井上馨を通じて省内に抱える政策課題などの諸問題について下問を行い、渋沢ら改正掛が企画・立案を担当した。
  • 大隈の下には伊藤博文や井上馨といった若手官僚が集まり、木戸孝允とも結んで近代国家の早期建設を謳って大久保利通らを牽制した。

博文や井上馨 の使われ方