博文の立憲

5 の用例 (0.00 秒)
  • 議会における与党は帝国党のみであり、伊藤博文の立憲政友会と大隈重信の憲政本党は野党に回った。
  • しかし、健康が優れず任地に赴かず職を辞し、明治33年に伊藤博文の立憲政友会ができるとこれに加わって、東京支部長をつとめた。
  • 伊藤博文の立憲政友会は軍備増強の必要性は認めたものの、桂の進める地租増徴ではなく行財政改革の徹底を求めた。
  • かくして「憲政擁護・門閥打破」を掲げた憲政擁護運動が始まり、これに対抗して桂は山縣の反対を無視して新党構想を掲げて伊藤博文の立憲政友会結成の例に倣おうとした。
  • ここに佐々木高行・土方久元・元田永孚ら明治天皇側近の親政論者を処遇することで、伊藤博文の立憲主義政治構想が進展した。