博文の知遇

5 の用例 (0.00 秒)
  • 藩閥のうしろだてのない義人は、北垣国道の口ぞえで伊藤博文の知遇を得、官界入りした。
  • 父の喘息のために困窮していたが、河北耕之助の知人の小野述信の援助を受け、箱根の旅館で湯治客の碁の相手をしていたところ伊藤博文の知遇を得るて書生となる。
  • 末松謙澄は伊藤博文の知遇を得て、明治11年から12年にかけて外交官としてロンドンに赴任、ケンブリッジ大学で学んだ。
  • 更に、明治5年の岩倉使節団派遣に際して岩倉特命全権大使を始め大久保利通・伊藤博文の知遇を得、ニューヨーク領事心得に任命されて明治政府の外交官に登用された。
  • 外務省書記生として、オーストリアに渡り、ウィーン大学で法律と政治学を学び、伊藤博文の知遇を得て、帰国して大日本帝国憲法、旧皇室典範、民事訴訟法の制定に尽力した。