博文

全て 名詞
1,713 の用例 (0.01 秒)
  • 初代の内閣総理大臣には伊藤博文が就任し、第1次伊藤内閣が作られた。
  • ホテルに入ってからの博文の生活態度に、孝允はやや不快を感じている。 古川薫『桂小五郎(下)』より引用
  • 芹沢博文には、将棋を広く世間に知らしめたという功績があったと思う。 山口瞳『還暦老人ボケ日記』より引用
  • そして博文出版社に電話を入れ、伊藤という編集者がいるのか、と聞いた。 峰隆一郎『西鹿児島発「交換殺人」特急』より引用
  • さらに伊藤博文を暗殺したテロリスト安重根の名を潜水艦に命名している。
  • 博文が政友会から身をひいたのも、一つはこれが影響しているのであろう。 大宅壮一『炎は流れる3 明治と昭和の谷間』より引用
  • 金子とは杉山と同じ福岡出身の政治家で、伊藤博文とも親しい人である。 星新一『明治・父・アメリカ』より引用
  • 二人が馬車から下りて近づいてゆくと、ちょうどあるじの博文も家の中から出て来た。 山田風太郎『エドの舞踏会 山田風太郎明治小説全集8』より引用
  • 作品の多くは彼自身が編集する博文館発行の雑誌「少年世界」に掲載された。
  • その中には、博文の姿があり、登紀子が服のすそで流れる血を拭いていた。 板東眞砂子『狗神』より引用
  • 最近では山本博文らにより、他の在野の江戸学者と同様に再評価されている。
  • 萩藩の中間ちゆうげん伊藤直右衛門に、博文の父が養子となった下級武士の住居だ。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 08 因幡・出雲・隠岐・長門ほか』より引用
  • これに対し、伊藤博文は政府として正式な弁明をすることを決定した。
  • その後正式に博文館の社員となり、『女学世界』の編集にたずさわった。
  • そこで、馨は博文と相談して、帰国しようということに意見の一致を見た。 大宅壮一『炎は流れる4 明治と昭和の谷間』より引用
  • その博文はなお使節団にあって、相変わらず贅沢をしているようだった。 古川薫『桂小五郎(下)』より引用
  • 伊藤博文は三十歳、三十代が大半の若い政府首脳のなかでも最年少だ。 高田宏『言葉の海へ』より引用
  • 意を受けた井上は伊藤博文と相談のうえ実現に向けて動き出した。
  • 勝たせてやったのが伊藤博文であることは、さきに書いたとおりだ。 小堺昭三『男の切れ味(中)』より引用
  • 英一を抱いた登紀子が、途方に暮れた顔の博文に何か盛んにいっている。 板東眞砂子『狗神』より引用
  • 次へ »