博多間

60 の用例 (0.00 秒)
  • 新幹線における食堂車の営業列車は東京 - 博多間4往復のみとなる。
  • 高速バスや在来線特急と競合している小倉 - 博多間に設定されている。
  • 完成後大阪運転所に配置され、山陽新幹線岡山 - 博多間での試験走行が行われた。
  • 直方 - 博多間で朝下り、夜上りに特急「かいおう」が運転されている。
  • 朝の一部に東京・新横浜・名古屋 - 広島間の列車と、名古屋 - 博多間の列車が設定されている。
  • なお、宮崎県内のみの利用と、益城-博多間のみの利用はできない。
  • その後、直ちに営業運転に使用せず、4月には東京 - 博多間で営業速度での試験を実施した。
  • 名古屋 - 博多間のロングランや小倉で列車編成の分割・併合が行われる運用も組まれた。
  • P編成の当初の運用区間は姫路 - 博多間であった。
  • なお、首都圏・近畿圏以外では山陽新幹線の小倉 - 博多間での利用が多く、日本で最初に定期券での新幹線乗車が可能となった区間である。
  • そして、三等寝台車がこの年3月に復活したことからこのダイヤ改正に合わせて東京からの九州特急を復活させることが決まり、「あさかぜ」の名前で東京 - 博多間に登場した。
  • 壱岐・呼子間には高速船ジェットフォイルは就航していなかったが、壱岐・博多間の半分以下の距離なので早かった。 深谷忠記『長崎・壱岐殺人ライン』より引用
  • 後に、広島 - 博多間1往復の追加が発表された。
  • 首都圏以外でも、山陽新幹線の小倉 - 博多間などで通勤・通学に新幹線を利用している者は多い。
  • 篠原はこの総支配人時代に関係する大阪鉄道管理局を説得して、京阪神地区を深夜に通過する寝台特急「あさかぜ」を走らせ、それまで22時間程度かかっていた東京・博多間を17時間25分で結ぶダイヤを実現させている。
  • 明治末期から志賀島漁業組合をはじめとした複数の業者が志賀島と博多間の航路を運営していたが、過当競争に陥ったため1933年に当時の志賀村が渡船事業を公営としたのが発祥である。
  • K編成は新大阪 - 博多間で運用されるが、P編成の運用区間が岡山 - 博多間に縮小された。
  • 壱岐と平戸との間の直線距離は、壱岐・博多間より短い。 深谷忠記『長崎・壱岐殺人ライン』より引用
  • 東京駅・新横浜駅または東海地方・大阪・京都から東京 - 博多間の東海道・山陽新幹線および九州新幹線を利用するパッケージツアーである。
  • また、三原 - 博多間では地盤が完全に固まっていない区間が存在することから最高速度が制限され、それが解除されてスピードアップが図られるのは1980年10月であった。
  • 次へ »