博多華丸

55 の用例 (0.00 秒)
  • 現在も博多華丸・大吉の二人はおたこの実力を高く評価している。
  • 博多華丸ほか、福岡のローカルタレントの多くが彼のものまねをしている。
  • 例として、北海道では大泉洋が、福岡では博多華丸・大吉などが挙げられる。
  • 近年は博多華丸・大吉を起用したテレビCMが放映されている。
  • この番組の出演者である博多華丸・大吉がこの時間にフジテレビ系で放送されているFNSソフト工場に出演する場合もある。
  • 博多華丸大吉を見に、福岡まで勉強に行ったこともある。
  • 当初のレギュラー予定は、児玉清と博多華丸・大吉の3人だった。
  • 当時ゲスト出演だった博多華丸・大吉はゲームコーナーの進行役を務め、のちに10月からレギュラーに抜擢された。
  • ただし、企画で映された映像に出演したのは児玉ではなく、児玉のものまねをした博多華丸であった。
  • 博多華丸・大吉のツッコミ役およびネタ作りを担当している。
  • 博多華丸は、中洲産業大学及び同大学院を卒業している。
  • またコンバット満曰く、福岡吉本の屋台骨を支えていた当時の博多華丸・大吉は、舞台で他の後輩の出番のときには余裕から笑顔を浮かべていたが、佐藤が舞台に立つと完成度の高さに笑みが消え、その姿に緊張感が漂っていたらしい。
  • 高校卒業後、吉本興業福岡事務所に所属、博多華丸に師事する。
  • ザ・ぼんち以外にプー&ムー、博多華丸・大吉にもアドバイスを貰った。
  • baseよしもと軍団はもちろんのこと、既に全国区に進出済みであった雨上がり決死隊や、福岡時代の博多華丸・大吉もこの番組にゲスト出演したことがある。
  • そして2011年9月9日放送分で、博多華丸・大吉が3組目のパーフェクトを達成した。
  • 最後には、メンバーを代表して博多華丸が、「しょうが農家さんへの感謝状」を読み上げた。
  • しかし福岡時代から高い評価を得ていた佐藤とは対照的に、福岡時代の黒瀬について博多華丸・大吉は「思い出が全然記憶にない」「当時の相方のほうが器用で、印象に残っている」と述べている。
  • また、尾崎直道に顔が似ていることから、博多華丸は「福岡の尾崎直道」などと呼んでいる。
  • まだ無名だった福岡時代から佐藤の評価は高く、博多大吉は「福岡吉本にこんな天才が入ってきた」と驚愕し、博多華丸曰く「あれは早く世に出るべきだと誰もが言っていた」という。
  • 次へ »