博多湾

全て 名詞
301 の用例 (0.00 秒)
  • そのため区域はちょうど博多湾を三方から囲むような形になっている。
  • 本記事では博多湾鉄道汽船への吸収合併後の動きについても記述する。
  • しかるに魏使は当然のことのように、上陸後博多湾の方に向かっている。 和辻哲郎『埋もれた日本』より引用
  • なお当時の博多とは、博多湾南岸の東西に渡る地域を指したものだった。
  • 博多湾沿岸以上の条件に恵まれたこの地を古代人は見逃しただろうか。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • 博多湾鉄道汽船は当時福岡市と宮地嶽神社を結ぶ鉄道路線を建設していた。
  • この場所一帯は草ヶ江と呼ばれる入り江で、博多湾に続いていた。
  • このように例をあげてゆくと、博多湾沿岸には、数限りない古代の地名が現存している。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • 車は博多湾を左手に見て、湾に沿った高速道路を走る。 荒巻義雄『「新説邪馬台国の謎」殺人事件』より引用
  • 奴国と不弥国が博多湾沿岸にあったことについては、だれにも異論がないようである。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • 特に博多湾側と有明海側のこうした物資の流通問題についてである。 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』より引用
  • これは脊振山の影を博多湾の海岸線と誤認したためであった。
  • 博多湾では多くの輸送船がこのレーザーの餌食となっていた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 09 九州撤退戦・下』より引用
  • 鎌倉幕府は、文永の役を受けて博多湾周辺などに防備のための元寇防塁を整備した。
  • つまり博多湾の近くに倭国の首都があったと考えられる。
  • 博多湾から七六キロ、佐賀県呼子よぶこ港から二九キロのところにある。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 11 肥前・肥後・日向・薩摩ほか』より引用
  • この当時の「博多」というのは現在の博多湾に面する一帯を指すものであった。
  • また、周防灘、博多湾でも3mを超える高潮が発生したと推定されている。
  • それから博多湾の朝景色を見晴らす窓を見て、ヤット昨夜ゆうべの事を思い出した。 夢野久作『山羊髯編輯長』より引用
  • 博多湾鉄道汽船による吸収合併後、沿線に運行開始されたバスの影響で利用者が次第に減少した。
  • 次へ »

博多湾 の使われ方