博多大丸

全て 名詞
8 の用例 (0.00 秒)
  • 社名が現在でも「博多大丸」となっているのは、このためである。
  • 現在は大丸梅田店と博多大丸福岡天神店で販売している。
  • その後正徳社長と経営陣でもあった妻子らにより1999年には福岡市に博多店を開店して九州に進出し、また大阪の阪急百貨店や福岡の博多大丸と提携し、吉兆ブランドの商品を販売するなど多角化を進めていた。
  • 東邦生命社長の傍ら、大丸を福岡に誘致し、1953年に開業した博多大丸の初代社長に就任する。
  • 大丸による財政支援開始後、博多大丸で店長を務めた手練れの人材を招聘し、改革に乗り出した。
  • 主な顧客のターゲット層は女性を中心とした20代から40代で、博多大丸では初年度の売り上げを15億円、来場者70万人と見込んでいる。
  • ニチイ天神店は繁華街にある都市型店舗として出店されたが、岩田屋や博多大丸、天神コア、ダイエーなどの競合店が密集する激戦地であったことや、若者向けのエリアに30代から40代をターゲットにする総合スーパーを開店させたという客層に対するミスマッチから業績を伸ばすことができなかった。
  • また、西鉄グループ以外でも博多大丸、三越福岡店、岩田屋本店、福岡パルコなどの天神地区の商業施設や天神大牟田線沿線のフタタ・ベスト電器などでの利用を拡大している。