博多人形

85 の用例 (0.00 秒)
  • 博多はかた人形の名人が作ったフランス人形のようなちぐはぐな美しさだった。 飛鳥部勝則『バベル消滅』より引用
  • 博多人形は名は聞えていますが、ほとんど昔の美しさを失いました。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • よって、博多人形の誕生は1800年代であり約200年の歴史がある。
  • 博多人形はその昔宗七というのが焼きだしたんで、ほんとうの名は宗七焼きというんだよ。 佐々木味津三『右門捕物帖』より引用
  • ただ一つの色どりといえば、部屋の隅に、博多はかた人形が一つ置いてあるだけだった。 西村京太郎『原子力船むつ消失事件』より引用
  • 六平の父は博多人形師で、福岡県出身のバンド、チューリップも登場する。
  • 一対になってる博多人形で、片手で着物の褄を取り、片手で毬を抱えていた。 豊島与志雄『窓にさす影』より引用
  • 近代的博多人形製作者の一人として知られる。
  • 代々博多人形師である父・前田米吉とその妻・邦子の間に生まれた。
  • ただ不思議なのは、博多人形の生々しい欠け跡のところが、こちら側に向いていた。 豊島与志雄『窓にさす影』より引用
  • 伯母が大切にしていた博多はかた人形と同じような。 篠田節子『美神解体』より引用
  • 博多美人の美しさは博多人形の「美人もの」に描写される。
  • まとは後ろに巻煙草の箱を積み、前に博多人形はかたにんぎょうを並べている。 芥川竜之介『浅草公園』より引用
  • 床の間には花が飾られ、大きな博多人形がやさしいまなざしを上に向けていた。 三浦綾子『泥流地帯』より引用
  • 白水は博多人形の製造技術の向上を図り「温故会」を結成し中心になって会を支えた。
  • 壁際のケースの中に並んだ博多人形などみていると、背後に声がして、魔子さんが一人の若い洋服の女の人を紹介した。 瀬戸内晴美(寂聴)『美は乱調にあり』より引用
  • 魔子さんの今の商売が、博多人形の製造だったのだ。 瀬戸内晴美(寂聴)『美は乱調にあり』より引用
  • そばへよってのぞいてみると、大小様々な博多人形がぎっしりと詰まっている。 横溝正史『双仮面』より引用
  • 受賞者には博多人形が授与されていた。
  • たったいままで、博多人形をかかえてそこに死んでいる男を仙之助だとばかり信じていた三人には、これはまったく寝耳に水だった。 横溝正史『人形佐七捕物帳 12』より引用
  • 次へ »