博多シティ

39 の用例 (0.00 秒)
  • JR博多シティや九州新幹線の全線開業の影響と考えられている。
  • JR九州の商業施設としてはJR博多シティに次ぐ規模である。
  • 新・駅ビル「JR博多シティ」と並行して、博多口駅前広場ほか駅ビル周辺の再整備事業が福岡市により実施されている。
  • 店舗部分の北縁は、JR博多シティの各新設通路、連絡口等とも隣接しており、利便を図っている。
  • 博多阪急は、駅ビル・JR博多シティの南寄り部分地下1階 - 8階にある。
  • しかし蓋を開けてみると、博多シティを訪れる客の大半が福岡都市圏内からの客であり、熊本や鹿児島、さらには北九州も買い物客の流失はほとんどおきていないとの調査が出ている。
  • 駅ビルと同じく、株式会社JR博多シティが運営する。
  • また、新駅ビルJR博多シティの落成に伴い、中央コンコースより南寄りのビル1階部分と同ビル3階に東西に伸びる新連絡通路が設置されている。
  • また、同年の9月17日にはJR九州の商業施設としてはJR博多シティに次ぐ規模となる複合商業駅ビルであるアミュプラザ鹿児島が駅敷地内に開業した。
  • しかし、2011年3月4日に開業した福岡市のJR博多シティに開業と同時に出店した東急ハンズが想定を超える売上を上げるなど、福岡での大型雑貨店の競争が激しくなった。
  • 市街地の南東端には博多駅があり、2011年に博多駅の建て替えに伴い、JR博多シティが誕生した。
  • 博多駅「博多口」の新駅ビル「JR博多シティ」内にあり、同駅ビルの核店舗である。
  • 博多シティと九州新幹線開業により九州各地、特に新幹線の開業する熊本県や鹿児島県などでは商業需要が博多シティを筆頭とした福岡都市圏へ流失する、いわゆるストロー現象がよりいっそう激化するだろうと、オープン前にはさかんに議論されていた。
  • 九州旅客鉄道株式会社の子会社、株式会社JR博多シティが管理、運営する。
  • その後、JR博多シティ開業に際して、屋上のつばめの杜ひろばに再設置されている。
  • しかし、2011年3月4日に開業した福岡市の「JR博多シティ」に開業と同時に出店した「東急ハンズ」が想定を超える売上を上げるなど福岡での大型雑貨店の競争が激しくなった影響を受け、2012年度には約22億円へ落ち込んでいる。
  • 在来線の博多シティ3階改札内に「エキナカカフェ」がある。
  • なお、天神よりさらに福岡空港に近い中洲地区や博多駅周辺はさらに厳しい高さ60mの制限地域であり、2011年オープンのJR博多シティも高さとしては高層ビルにとどまる。
  • 建物は閉鎖後に解体開始、跡地に建設された新駅ビルは「JR博多シティ」と命名され、博多駅筑紫口等の駅商業施設を運営している「博多ターミナルビル」によって運営されることとなり、直接的には博多ステーションビルの手を離れることとなった。
  • 博多口の新駅ビルJR博多シティの落成に伴い、駅ビル3階にも新通路・新改札口「博多シティ3階改札口」が設置され、2011年3月7日に使用開始した。
  • 次へ »

博多シティ の使われ方