博多の町

39 の用例 (0.00 秒)
  • 法被はつぴの男たちが博多の町に群れて、山笠の入りの夜に当たっていた。 永畑道子『恋の華・白蓮事件』より引用
  • これらは朝鮮出兵を見越して博多の町を兵站供給地とするためであったとされる。
  • 博多の町で食い物屋の屋台を出している宗兵衛そうべえと云う老人が、金の中継ぎ役だった。 隆慶一郎『一夢庵風流記』より引用
  • この人はこの地方でこれまで信者となった者のうちの最も有力な、最も身分の高い者で、博多の町でも非常に尊敬されていた。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 博多の町は藩から遣わされた2人の町奉行により管轄された。
  • 博多の町は秀吉の「定」により武士の居住が禁じられ、江戸時代になっても武士の居住は行われなかった。
  • 博多の町には行ったこともなかばってん、ああたと一緒なら、掘っ立て小屋でもよかと。 井上光晴『丸山蘭水楼の遊女たち』より引用
  • 博多の町は給料が出たあとのせいか、人が多い。 豊田勇造『歌旅日記−日本編』より引用
  • 元寇が襲来した文永の役によって博多の町は焼失した。
  • 歴史のある博多の町の大通りということから。
  • 同じ日の夜、九州博多の町には小雨が降り出していた。 西村京太郎『座席急行「津軽」殺人事件』より引用
  • こうしてビレラが日本での最初の一年を送った頃、一五五七年の夏に、大友義鎮は毛利氏に通じた秋月文種を破って、博多の町を手に入れた。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • それが運よく成功して、表向きは博多の町に唐物とうぶつあきないの店を開いているが、その実は長崎奉行の眼をくぐって、いわゆる海賊を本業としていたのである。 岡本綺堂『心中浪華の春雨』より引用
  • 以後、新興されたこの博多はかたの町にもぐり込み、主として刺客業で生計を立てて来た。 隆慶一郎『一夢庵風流記』より引用
  • この最初の侵攻となった文永の役では、対馬と壱岐を制圧して博多湾へと上陸して博多の町を焼き討ちしたが、撤退途中には日本人が後に神風と呼んだ暴風雨の影響を受けて船団が崩壊するなど侵攻は散々な結果に終わった。
  • ある時、忠之が那珂川の橋をこえて博多の町に入って行った時、半裸の男がいて、路上に足を立てた姿で腰をすえ、忠之の一行の来るのを見ていた。 海音寺潮五郎『列藩騒動録(一)』より引用
  • その後、安兵衛・吉兵衛親子が制作した土産品向け土人形は広く博多の町に広がり、諸国貿易も盛んに行なわれるようになり、師弟関係による同業者が増えていった。
  • その一つは博多の町の復興だ。 海音寺潮五郎『新太閤記(四)』より引用
  • ふくをば喰いらんような奴は、博多の町では育ち能らんぞ。 夢野久作『近世快人伝』より引用
  • そこで、新たに博多の町の西隣那珂郡警固けご村の福崎の地を相して新しく城をきずき、福崎を福岡と改めた。 海音寺潮五郎『列藩騒動録(一)』より引用
  • 次へ »