博多

全て 名詞
4,510 の用例 (0.02 秒)
  • 二十分待って、二一時〇〇分発の博多経由の門司港もじこう行の普通列車が来た。 西村京太郎『祝日に殺人の列車が走る』より引用
  • また彼らの滞在した地は、山口でも博多でも、戦争によって破壊された。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 朝と夕方および博多方面直通列車では415系で運転される列車がある。
  • 一週間前の夜、博多にいたこの二人の男女は、ではいったい何者なのか。 赤江瀑『アニマルの謝肉祭』より引用
  • 博多はかた人形の名人が作ったフランス人形のようなちぐはぐな美しさだった。 飛鳥部勝則『バベル消滅』より引用
  • 博多駅の立地は現在の地下鉄祇園駅付近であって博多の辺縁に位置した。
  • 彼らは、二十日の夜九時二十四分香椎駅着の上りで博多はかたから来たのだ。 松本清張『点と線』より引用
  • 両社は場所は異なるもののいずれも福岡市博多区に本社を置いている。
  • このまま今日は博多に泊まっていくことを告げると、彼は本気で驚いた。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • そしてその翌年、昭和二十二年には博多で四歳ぐらいの男の子を育てていた。 半村良『黄金伝説』より引用
  • 博多聖福寺はかたしょうふくじの僧であり、外交僧として既に何度かこの国を訪れていた。 隆慶一郎『一夢庵風流記』より引用
  • 二十分ばかりで博多のほうに行く下りの列車のあることを知った。 松本清張『点と線』より引用
  • 新幹線で博多に出た二人はそこから特急ハウステンボスで佐賀へと出た。 山田悠介『@ベイビーメール』より引用
  • 福岡空港からバスで博多駅に行き、上りの列車に乗って小倉こくらに向かった。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 博多人形は名は聞えていますが、ほとんど昔の美しさを失いました。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • 本博多町の奉行所に行くたびあの通辞や役人たちは慇懃いんぎんに彼を迎えた。 遠藤周作『沈黙』より引用
  • 九時二〇分由布院発、博多行で、日田に着くのは、一〇時一八分である。 西村京太郎『特急ゆふいんの森殺人事件』より引用
  • 上物の献上博多の帯は幾つ人の懐を狙った末に手に入れたものであろうか。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さんだらぼっち』より引用
  • 一年ほど前、博多で一緒だったホワイト・レディが池袋にいたのだった。 笹倉明『遠い国からの殺人者』より引用
  • 海のそばの神社や公園で野宿しながら博多まで行ったのも楽しかった。 内田春菊『あたしが海に還るまで』より引用
  • 次へ »