博士

全て 名詞
36,511 の用例 (0.02 秒)
  • それはそれとして博士は今いかなる計画を胸に描いているのであろうか。 海野十三『地軸作戦』より引用
  • 身の安全のためには、博士との関係をいわない方がいいと思ったからだ。 海野十三『人造人間の秘密』より引用
  • 博士は、研究を完成した十号ガスを、これから製造にかかるというのだ。 海野十三『火星兵団』より引用
  • それから後の話は、むしろ金博士の部屋に於て描写するのがよいであろう。 海野十三『共軛回転弾』より引用
  • と尋ねながら田川博士がその夫人と打ち連れて廊下の中に立ち現われた。 有島武郎『或る女』より引用
  • 博士はそう言って、先生と千二との顔を、おだやかな目つきでながめた。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 誰だろうかと検事がその声の主をあおいでみるとそれは針目博士はりめはくしだった。 海野十三『金属人間』より引用
  • そして志々度博士と緊密なる関係のもとに、協力してやっていくことだ。 海野十三『第五氷河期』より引用
  • 博士は、切ってしまったスイッチを、再び入れようとはしないのだった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 博士の批評は基督教の禁慾的人生観から見れば極めて自然のことである。 ケイ・エレン『恋愛と道徳』より引用
  • その朝もぶじに過ぎて、おそい昼の食事を博士がしていたときである。 海野十三『透明人間』より引用
  • 「わしは昨夜十時頃まで工場にいました」と博士は口だけを動かした。 海野十三『人間灰』より引用
  • 外の学者が五十年かかるところを、博士は十年で成績をあげている。 海野十三『国際殺人団の崩壊』より引用
  • 「いまはまだ見えますまい」と博士はすぐ私の顔色を見て云いました。 海野十三『崩れる鬼影』より引用
  • 博士も機械を操縦する手をやめて、しばらく呆然ぼうぜんとしてしまったのだった。 海野十三『超人間X号』より引用
  • とあとからあらわれた博士が自信ありげにいって、蜂矢の名を呼んだ。 海野十三『金属人間』より引用
  • しばらくは上になり下になり、人とサル、いや博士とX号の必死のあらそい。 海野十三『超人間X号』より引用
  • おどろく警官けいかん説明せつめいして、博士はくしは火かきぼうを手にして、台所に向かった。 海野十三『透明人間』より引用
  • 谷博士だけしか知らないこの秘密通路をX号はちゃんと知っていた。 海野十三『超人間X号』より引用
  • だが、当の谷博士は、こんなことを、行きすぎたこととは思っていない。 海野十三『超人間X号』より引用
  • 次へ »

博士 で始まる単語