単身

全て 名詞
2,948 の用例 (0.01 秒)
  • このロンドンでの単身時代、カーはある女性と同棲をはじめています。 カー/仁賀克雄訳『死が二人をわかつまで』より引用
  • 二フロア二十室程度のアパートで、おそらく単身者向きのものだろう。 森村誠一『殺人の組曲』より引用
  • 博多に単身赴任してからも、彼はしばしばこの時の状景を思い浮かべた。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • お前が小学校へ入る直前で、転居てんきょ可哀かわいそうだと、単身でそこへ行った。 赤川次郎『かけぬける愛』より引用
  • この人のみは途中一行に別れて、単身日本に潜入を志してゐるのであつた。 坂口安吾『イノチガケ』より引用
  • 一月に単身帰国して、いつか話した外交官試験準備に専念していたわけね。 関容子『日本の鶯堀内大學聞書き』より引用
  • 基礎課程の生徒が実習室以外の場所で単身楽団を使う事は禁止されている。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • だが瀬棚には十日間いただけですぐ浦河うらかわ教会へ牧師として単身赴任した。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 単身にして身の軽い犬は、間毎間毎を飛び廻るのに自由であります。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 私の父との同居も、単身赴任の理由の一つに入れられなくはなかった。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • 身の危険を感じた彼女は、夫をおいて単身ニューヨークへ帰った。 マッカラーズ/河野一郎訳『心は孤独な狩人』より引用
  • 単身楽団を手にした大勢の女の子達が、シアター前の広場に集まっている。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター』より引用
  • この時は、むしろ妻の方が大阪に単身赴任しているような生活だったのである。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • 父親が春から仙台に単身赴任をしているので、実質住んでいるのは三人になる。 初野晴『水の時計』より引用
  • 今川家が味方を多数得ることが出来るのに、こちらは単身で戦うことになる。 海音寺潮五郎『新太閤記(一)』より引用
  • 父が十九歳で単身ブラジルに渡ったことを考えると感無量だった。 桐野夏生『OUT(上)』より引用
  • 或る会社など、単身赴任者の為にと、十数体まとめてお買いになりましたよ。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • ペルセルテ達の側に歩いて戻りながら彼はゆっくりと単身楽団を展開させた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 彼もマンション住まいで単身赴任者なので、置かれた状況はよく似ている。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • その夜、私は単身で魅惑の大人世界へ乗りこんでみたいと思いました。 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』より引用
  • 次へ »