単身赴任生活

10 の用例 (0.00 秒)
  • 広島時代は、移籍に伴い妻子を東京に残して単身赴任生活をしていた。
  • 単身赴任生活者の多くの例にもれず槙原はすでに『現地妻』を作っていた。 吉村達也『丸の内殺人物語』より引用
  • 仙台せんだいでの単身赴任生活も六カ月目に入ったことで、どこか気がゆるんでいたのかもしれない。 吉村達也『丸の内殺人物語』より引用
  • 彼自身も福岡支店長をしていた時に、博多で単身赴任生活の経験を積んでいる。 山田智彦『銀行 男たちの報酬』より引用
  • 大阪からラジオセンターへの異動では家族を大阪に残し、単身赴任生活を続けている。
  • 娘・りんと京都で単身赴任生活をしている。
  • 妻が同じ部屋に他人が寝ていると眠れないと言ったように、道浦も多年の単身赴任生活にれて、一人の部屋でないと眠れなくなっている。 森村誠一『殺人の赴任』より引用
  • 単身赴任生活が始まったが、これがきっかけで以前からあった妻とのすれ違いに拍車がかかり、翌年には性格の不一致という理由で7月に離婚するに至った。
  • 明石から聞かされた当時は、ただの火遊びの相手か、単身赴任生活にありがちな、淋しさを紛らすだけの存在程度にしか考えなかった。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(上)』より引用
  • しかし、広島や大阪での単身赴任生活や仕事上のミスなど心身的な不安が募り、1996年秋に無断欠勤を起こしそのまま失踪状態に陥った。