単身赴任

548 の用例 (0.02 秒)
  • この場合、年齢制限は単身赴任者には適用されないのが一般的である。
  • 博多に単身赴任してからも、彼はしばしばこの時の状景を思い浮かべた。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • だが瀬棚には十日間いただけですぐ浦河うらかわ教会へ牧師として単身赴任した。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 私の父との同居も、単身赴任の理由の一つに入れられなくはなかった。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • 広島時代は、移籍に伴い妻子を東京に残して単身赴任生活をしていた。
  • この時は、むしろ妻の方が大阪に単身赴任しているような生活だったのである。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • 父親が春から仙台に単身赴任をしているので、実質住んでいるのは三人になる。 初野晴『水の時計』より引用
  • 或る会社など、単身赴任者の為にと、十数体まとめてお買いになりましたよ。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 彼もマンション住まいで単身赴任者なので、置かれた状況はよく似ている。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 単身赴任者が、週休二日を利用して家に帰る列車というので有名なんですよ。 西村京太郎『極楽行最終列車』より引用
  • ただし父母の一方が単身赴任等で生活拠点を別に置いている場合は含まれない。
  • 単身赴任というのは、札幌でも新潟でもたいして違いはありませんね。 峰隆一郎『新潟発「あさひ」複層の殺意』より引用
  • 彼は本国に妻と女の子を残して日本に単身赴任していたのである。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • 外国に単身赴任ふにんしている、『優しくて可愛い人』なのだとも言っていた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第09巻』より引用
  • それでは、単身赴任の理由としてはどのようなものが多いのだろうか。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • 情ない思いで赴任してみると、札幌には単身赴任者が余りにも多かった。 三浦綾子『病めるときも』より引用
  • 気持は勇躍していたが、単身赴任の途中で、部下をつれていなかった。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 妻は、私が単身赴任して十カ月後に二歳の双生児姉妹をつれて渡米してきた。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • 三堀の母が神経痛とかで、三堀が単身赴任ふにんをしたということも聞いていた。 三浦綾子『塩狩峠』より引用
  • むろん単身赴任で、十日に一度くらいしか東京には帰ってこない。 宮部みゆき『クロスファイア上巻』より引用
  • 次へ »