単身渡米

33 の用例 (0.00 秒)
  • 中野実業高校時代は無名であったが、卒業後単身渡米して力をつけた。
  • 高校を卒業して単身渡米したあとも、日本に帰ってくるまでの二年間、何をしていたか知れたものではなかった。 今邑彩『蛇神』より引用
  • この間多くの水彩画を描き、翌年単身渡米したときに多数携帯した。
  • 高校卒業後に単身渡米し、寿司屋でアルバイトをしていた。
  • 大学卒業後、単身渡米し性同一性障害の診断を受け、以後、数回にわたって治療・手術のために渡米を繰り返した。
  • 高校中退後、単身渡米するが英語ができず、好きだった本屋に入り浸るようになる。
  • しかし、中村はアメリカ行きの志を断念できず、1888年春、結婚後間もない妻を1人残して単身渡米した。
  • それが、どういうわけか、入試の直前になってとりやめ、何を思ったのか、単身渡米してしまったのだという。 今邑彩『蛇神』より引用
  • 当時、パク・チュンフンのもとには韓国で製作される映画全ての出演依頼が舞い込む程の人気だったが、彼は一切の出演を断り、単身渡米を決意する。
  • 高校卒業後、単身渡米した直後は米国のスタイルに馴染むことが出来ず、言葉の壁もあって「とてもつらかった」と回想している。
  • バンド解散直後の1982年1月、大沢は印税を前借りしてその金で単身渡米する。
  • 京都府宮津出身の森上助次もこの入植に参加したひとりで、1906年に単身渡米した。
  • この方針は自身が単身渡米しマイナーから這い上がった経験をもつ大家GMの雑草魂の反映でもある。
  • この試合を見に来ていたアメリカ人コーチがヒロの才能を高く評価し、自らのテニススクールにスカウト、彼は単身渡米する。
  • 武藤がTNAとの業務提携のため単身渡米し、お互いの選手派遣、若手選手の交換留学などを実現させている。
  • 卒業後にニューヨークへ単身渡米する。
  • トップの承認を得た吉井は、単身渡米した。 中川靖造『創造の人生 井深大』より引用
  • ・1997年-単身渡米を決め、挑戦への資金集めのために、一般のクラブチームでバスケをしながらバイトに明け暮れる。
  • 千葉県出身、1907年に21歳で単身渡米し、1910年代に草創期のハリウッドで映画デビューして一躍トップスターとなった。
  • また、1898年以降イギリスのオーケストラにしばしば客演し、南北アメリカにも単身渡米での客演やウィーン・フィルとのツアーで訪れている。
  • 次へ »