単身楽団

255 の用例 (0.00 秒)
  • 非常に複雑な構造を持つ単身楽団の展開は、決して簡単なものではない。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 闇の中で、一〇人ばかりの女性達は全員、単身楽団を演奏していたのだ。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター』より引用
  • 演奏という意識的な行為が必要な分だけ、単身楽団ワンマン・オーケストラは奏者を限定します。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ ポリ黒03 プレイヤー・ブラック』より引用
  • 最初に操作するのは、単身楽団の筐体底面に設置された安全装置である。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 01 ウェイワード・クリムゾン』より引用
  • 基礎課程の生徒が実習室以外の場所で単身楽団を使う事は禁止されている。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 単身楽団を手にした大勢の女の子達が、シアター前の広場に集まっている。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター』より引用
  • ペルセルテ達の側に歩いて戻りながら彼はゆっくりと単身楽団を展開させた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • そもそも神曲楽士の機動力を上げる為に、単身楽団は開発されている。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 04 ストラグル・クリムゾン』より引用
  • また同時にフォロンの跨っているのは切り札である単身楽団なのである。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 04 ストラグル・クリムゾン』より引用
  • 単身楽団はお前が責任を持つと言って借りだしたものだろうが? 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 部屋の隅には展開したままの単身楽団が、放り出されるように置かれている。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 04 ストラグル・クリムゾン』より引用
  • 実習室以外の場所での単身楽団の使用は、原則的に禁止されている。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第1話』より引用
  • 生徒達は各々得意とする楽器を備えた単身楽団を持ち出して席に着いている。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 共に単身楽団は逮捕の際に押収されている筈だから、これは予備のものだろう。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 04 ストラグル・クリムゾン』より引用
  • そのたった一音に反応して〈ハーメルン〉の単身楽団が作動を開始する。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 02 ロマンティック・クリムゾン』より引用
  • そいつの座っている席の周囲には、単身楽団が山のように積み上げられていた。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・レザレクター』より引用
  • 彼は幾つも並んだロッカーを次々に開いて単身楽団を物色していた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ PROLOGUE』より引用
  • 彼女はコーティカルテの持ち出してきた単身楽団を指差しながら喚いた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 02 ロマンティック・クリムゾン』より引用
  • もちろん、彼らの興味の対象はフォロンではなく、単身楽団なのだろうが。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第1話』より引用
  • 最近の小型化が激しい単身楽団なら不可能ではないのだろう。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 01 ウェイワード・クリムゾン』より引用
  • 次へ »

単身楽団 の使われ方