単身東京

10 の用例 (0.00 秒)
  • カメラマンとして単身東京にいる、向日葵の父・政宗と一緒に暮らす為だ。
  • それを知った蜜柑は、転校していった蛍を追いかけ単身東京へ。
  • 兵庫県立神戸工業学校の建築科に入り、建築会社への就職が決まっていたが、実兄が東京で画家の修行をしていたことから、自らも画家の道が捨てきれず、卒業試験をすっぽかして単身東京へ行く。
  • 遺体は死去の報を受けて単身東京から駆けつけた淑子と対面した後、現地で荼毘に付された。
  • 歌声喫茶はうたごえ運動という政治運動において大きな役割を果たしたが、それだけでなく、集団就職で単身東京に移住してきた青年たちの寂しさを紛らす心のよりどころでもあった。
  • 新潟県から単身東京へ。
  • 姫路から単身東京に出て、銀座のゲイバー「青江」にてゲイボーイとして働く。
  • 金田一は単身東京に戻った。
  • 松下入社後の歳男はまず職工として働き、次いで1920年に東京への市場拡大の使命を帯び、駐在員として単身東京に向かった。
  • 高校卒業後松田優作に師事、俳優を志し単身東京へ。