単身帰国

7 の用例 (0.00 秒)
  • 一月に単身帰国して、いつか話した外交官試験準備に専念していたわけね。 関容子『日本の鶯堀内大學聞書き』より引用
  • 戦後、父庄太郎はトール島にノツムールと娘たちを置いて単身帰国する。
  • 戦争悪化のため1944年に単身帰国し、また御幸の下で暮らすようになった。
  • このテープは、結局充郎をアメリカの林田の知人の家に預けて単身帰国した醍醐が、二年後に急死しなかったら、私の手に渡ったかどうか分らない。 辻井喬『いつもと同じ春』より引用
  • タヒチ島に廻送されてあった郵便物で故郷のさまざまな窮状を知り、それを片づけるために単身帰国し、一週間滞在している間に、ほとんど完成しかけていた「マーティン・イーデン」の出版契約をむすび、負債を払って母の生活を安定させ、雑誌原稿その他出版についての問題を解決して四月にはタヒチ島へ戻ってきた。 ロンドン/山本政喜訳『野性の叫び』より引用
  • しかし司令官クィントゥス・カエキリウス・メテッルスとの対立によって単身帰国し、戦争の早期終結を公約にメテッルスを更迭して新たな執政官となっていた。
  • 太平洋戦争中に単身帰国し、鹿児島で終戦を迎える。