単身乗り込ん

23 の用例 (0.00 秒)
  • ヤクザの事務所へ単身乗り込むなという鉄則は、つまりはこういうこと。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 04 暇つぶし編』より引用
  • いよいよ単身乗り込むしか策はないかと、中庭に向かう石通路を歩いていたときだ。 喬林知『今日からマ王 第06巻 「きっとマのつく陽が昇る!」』より引用
  • 危険の多い戦場に単身乗り込んでくるような相手だ。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 04 5121小隊 熊本城決戦』より引用
  • 昔、まだ日本が旧ロシアと国交の無かった時代に、単身乗り込んで行って神戸とロシアのある町との姉妹都市契約を結んで来た男がいたという。 大槻ケンヂ『のほほん雑記帳』より引用
  • できれば紹介してもらった会社へ単身乗り込んで、仕事の話を本ぎまりに近い所まで運んでしまってから報告したかったのだ。 半村良『聖母伝説』より引用
  • 彼の言葉に不信感を覚えながらも、ジョンは難破した帆船へと単身乗り込んでいく。
  • 一方、村を救うために単身乗り込んだ静は兄弟たちに輪姦され狂ってしまう。
  • フランス語しかできない人たちの中に単身乗り込むのかと思うだけで、武者震いがくる。 内館牧子『愛してると言わせて』より引用
  • それを知った頼光は怪童丸を救うため、桜舟姫のいる大江山に単身乗り込む。
  • この際に義憤を感じて単身乗り込んで行ったのが後の住吉会最高顧問の福原陸三である。
  • 翁長は友人である兵庫県警の刑事に連絡し、事態を憂慮した刑事が見張る中、組事務所に単身乗り込んだ。
  • 供回りを制すと、為弘は敵軍の中に単身乗り込んで入った。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • それは、いはゞ、知識人の文化的センスを代表し、最も俗悪な社会とされた演劇界に単身乗り込んだ最初のチャンピオンといふ趣きがあつたからである。 岸田国士『先駆者小山内薫』より引用
  • その後、もうひとつの夢であった、肉体的・精神的に精強な歩兵になることを決意し、1988年、当時ソビエト連邦の侵攻を受けていた、アフガニスタンに単身乗り込む。
  • しかもこのとき私はそこに単身乗り込んで、野生の動物を殺すのはやめるよう、ワリア・アイベックスやヒョウを保護するのを手伝ってくれるよう、頼みに出かけていたのである。 ニコル『C・W・ニコルの野性記』より引用
  • 情婦の配下に誘拐された恩人の娘を救い出そうと敵地に単身乗り込んだお町は逆に捕らえられて、男数人によってさんざんになぶり物にされる。 鹿島茂『オール・アバウト・セックス』より引用
  • 荘田の家へ、単身乗り込んで行く以上、召使や運転手や下男などの多数から、どんな暴力的な侮辱を受けるかも知れない。 菊池寛『真珠夫人』より引用
  • その夜、指定された表向きはレストランだが実態は秘密カジノのラ・モールにロバートが単身乗り込んだ。
  • これと前後して自民党の当時幹事長であった大平正芳の依頼で、マブチモーターの労働争議に着物姿で単身乗り込み、労組側と直談判し解決したこともあった。
  • 凛子の報告によりレッドヴィーナスの本当の目的を見ぬいたデカ長は、ブルを助けるために単身乗り込んでいく。
  • 次へ »