単身世帯

14 の用例 (0.00 秒)
  • 親のネグレクトが原因とみられるため、単身世帯として直接、受け取っていた。
  • これは単身世帯向けのアパートに引っ越してきた夫婦をめぐって起こる様々な人間模様を描き出した作品である。
  • 無縁社会とは、単身世帯が増え、人と人との関係が希薄となりつつある日本の社会の一面を言いあらわしたもの。
  • これらは一種の長屋のようなものとみられ、それぞれの住居にひとつの拡大家族が暮らし、これを構成する複数の小さな家屋それぞれに最小単位としてひとつの夫婦ないし単身世帯が暮らしていたものとみられる。
  • その後の時期は、単身世帯の増加、高齢化の進展などを背景に、想定される利用者層などが様々なタイプのマンションが市場に登場している。
  • なお、三世代世帯の実数は1970年以降ほぼ変化がなく、日本の変化の特徴は、単身世帯・核家族の増加、家族構成員の減少にある。
  • 日本の社会で、婚姻率の低下や高齢者の増加による単身世帯の増加などによって、家庭を持たず単身で暮らす人の割合が相当に増えてきており、その結果、食事を独りでとるという人の割合が増えた。
  • なお、ジニ係数と相対的貧困率は定義が異なるので一概に比較は出来ないが、単身世帯を含めたすべての世帯における年間可処分所得のジニ係数で国内格差をみると日本はアメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダの英語圏諸国より格差が小さく、フランス・ドイツとほぼ同程度の格差であった。
  • これは「夫婦と子供世帯」の大家族世帯が減少し、「単身世帯」や「夫婦のみの2人世帯」が増加していることを示している。
  • 顧客のほとんどが60歳以上であり、大隅半島内のお得意様にあたる1万3千世帯のうち、2割は単身世帯が占める。
  • 都市部で受信料支払率が低い理由について、NHKは「集合住宅など世帯の数や移動が多い地域では把握が難しく、単身世帯も面接が難しい」と説明し、沖縄県については、1972年の沖縄返還後に、NHK受信料制度が適用されたため「受信料制度の理解、浸透に時間が掛かる」と述べている。
  • この上昇には、預貯金や不動産を所有しつつも収入は年金しかない「高齢化」や「単身世帯の増加」、そして1990年代からの「勤労者層の格差拡大」が影響を与えている。
  • 日本の厚労省社会保障審議会がまとめた分析によると、諸外国公的扶助制度と比較した場合の30代単身世帯所得保障水準では、比較対象のスウェーデン、フランス、ドイツ、イギリス、日本の5カ国中、最高水準の額とされている。
  • 諸外国公的扶助制度と比較した場合の30代単身世帯所得保障水準では、比較対象のスウェーデン、フランス、ドイツ、イギリス、日本の5カ国中、最高水準の額である。