単身上京

65 の用例 (0.00 秒)
  • 高校卒業後に単身上京し、プロ漫画家として本格的に活動を始める。
  • 単身上京して新銭座に入塾した藤野善蔵の影響が大きいと伝えられている。
  • その3か月前に単身上京していた姉の生活を支えるためだった。
  • バンドの活動資金を作るために単身上京しては稼いでいた。 長嶋有『タンノイのエジンバラ』より引用
  • 彼女は単身上京し、「東京」の連中に研究の継続を訴えたけど退けられたんだとか。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • 中学卒業後15歳で単身上京し、高校在学中から芸能活動をはじめる。
  • 三味線の師であった祖父が亡くなった事で、自分の音を探すため、単身上京する。
  • 第二の人生を自立して生きようと、太郎を長野県の実家に預けて単身上京する。
  • 息子の良平は中学に進み寄宿舎に入り、堀川は単身上京してもう一働きして良平を進学させてやりたいと話す。
  • 地元の中学校を卒業してから単身上京し、女子学生専用の賄いつき下宿から高校に通学した。
  • 帰国を待ってはいられないので、単身上京した。 皆川博子『光源氏殺人事件』より引用
  • 野心を抱いて単身上京したところも似ている。 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』より引用
  • 豊岡村の小学校を卒業すると単身上京、東京府尋常中学校に通う。
  • 少年時代に単身上京し、明治法律学校の校外生として苦学しながら、商業に励んだ。
  • 声優になることを夢見て実家のある北海道から単身上京してきた少女・咲はアパートへの引越しの日、町で子供と衝突してしまう。
  • 選挙後、河野に師事することが認められ、単身上京して河野の議員秘書となった。
  • それで単身上京してきたのだが、消息を絶ってしまった。 皆川博子『光源氏殺人事件』より引用
  • よかの遺言に従い、1885年秋に単身上京して全寮制の女子神学校に入学した。
  • 妹と弟とがいるが、子供たちの将来を配慮した父親が東京への帰京を志し、彼女が6歳の頃、父親は単身上京して生活基盤を先に準備した。
  • 当初は福井県から東京まで通っていたが、交通費の問題から15歳で単身上京し、籍を置いている福井県の高校に通うため月に1度帰郷するという生活を送っていた。
  • 次へ »