単身メキシコ

12 の用例 (0.00 秒)
  • 一時帰国した海援隊から離れ単身メキシコへ。
  • 参加メンバー条件&全員の共通点として「日本でデビューすることなく、何の当てもなく単身メキシコに渡りデビューした日本人ルチャドールである」ということを挙げている。
  • 単身メキシコに渡りルチャリブレの動きを学び、メキシコマットでデビュー。
  • 高校卒業後、すぐさま単身メキシコに渡り、そこで出会ったグラン浜田を通じて山本小鉄を紹介してもらい、山本から新日本プロレス入団を許可される。
  • ライガーのように単身メキシコに乗り込み、現地で知り合ったグラン浜田を通じて山本小鉄を紹介してもらい新日本プロレスへの入門を許可されたケースは、稀有な例である。
  • ある講演会で、老作家アンブローズ・ビアスが自らの全集を投げ棄てて新たな旅に出立するのを目にして触発され、それまでの遺族年金でつつがなく暮らしていた母親との生活をも捨てて、ミランダとよばれる領園主の家庭教師の職を求め、単身メキシコへと旅立つ。
  • その後のキャリアは順調と思われたが、1961年にキューバ革命が勃発、全てのプロスポーツが禁止されたことを契機に同年7月、身重だった妻を残して単身メキシコへ亡命する。
  • しかしプロレスラーになる夢が断ち切れずに、理容学校卒業後のインターン中に理容師への道を捨て道路工事などのアルバイトでメキシコに渡るべく実費を稼ぎ、1993年に単身メキシコへ渡る。
  • 貯まりに貯まったアルバイト代も、単身メキシコへ渡りドス・カラスから指導を受けたことによって、ほぼゼロになってしまう。
  • ボッシュは単身メキシコへ飛び、麻薬王との対決に赴く。
  • お笑い芸人を目指しNSCに入っていたがプロレスに転向、単身メキシコに渡り闘龍門などで修行を積みラ・アマポーラ戦でデビュー。
  • フェルナンド・コーマまだ珍しかったコミックアートにて多額の資金を得るが、寒いのが苦手という理由から、単身メキシコに旅立つといった数々の奇行や逸話がある。