単身アメリカ

15 の用例 (0.00 秒)
  • かれんは東海岸の保育所に預け、単身アメリカを放浪し様々な職業につく。
  • 日本大学藝術学部中退後、芝居の勉強のため単身アメリカへ渡る。
  • 正則学園高等学校卒業と同時に単身アメリカへ渡る。
  • 子供の頃から言い出したら絶対に聞かない松岡の性格をよく知っていた母はこの説得で決意の固さを知りようやく納得し、同年10月のジャパン・オープン・テニス選手権でシングルス予選を勝ち上がりツアー本戦初出場を果たした後に松岡は単身アメリカへ渡った。
  • なお、次男ペーテルは全寮制の学校に在学中のためハンガリーに残ったが1年後単身アメリカに渡り、その後アメリカ海軍の招集に応じた。
  • その後、単身アメリカに渡り兄のホセ・ルイスが活動拠点にしているロサンゼルス近郊のノースハリウッドに活動拠点を置いた。
  • これらを述べた後さらに小笠原は、常州無量寿寺の人間たちと本岐道平が無人島に渡航しようとしており、さらに本岐は単身アメリカまで行こうとしているという、蘭学とも崋山とも関わりのない一件を加えている。
  • 免田町の小・中学校に進学したが、1983年、中学2年終了と同時に中退し、単身アメリカのサンディエゴに向かう。
  • ライネルス神父が北陸地方を宣教のため巡視していたところ、この地方の医療事情が乏しいのを見て単身アメリカ、ヨーロッパなどを遍歴し寄付を募り、1914年に現在の金沢聖霊総合病院を開設した。
  • 国士舘大学を卒業後、まず単身アメリカに渡り、ロサンゼルスを中心にレスラー修行を積む。
  • 日本定住を勧めるキン肉マンの誘いを断り、アフリカにて動物管理係の職についたロビンだったが、チャンピオンとしての栄光を捨てきれず、アリサを捨て単身アメリカへ。
  • ティファニーは単身アメリカに戻る。
  • その後単身アメリカに残った前田は怪力を誇る巨漢、ブッチャー・ボーイとリング上で闘い、勝利する。
  • また、永島達司はアメリカ本土とパイプがあり、太平洋テレビ社長の清水昭は、全くの背景のないまま単身アメリカの3大ネットワークに乗り込み番組配給権と莫大な資金を獲得、「現代の紀文」とまで評された。
  • その後、1910年歯科学勉強のため単身アメリカに私費で渡り、ニューヨークのストライカ歯科鋳造研究所・モーア歯科技工研究所など様々な施設を視察・臨床研修を受けた後、1915年ジョージ・ワシントン大学歯学部に入学する。