単身で上京

13 の用例 (0.00 秒)
  • 主人公が大学進学のために単身で上京するところから、脚本家として成功した後、夫の死を見送るまでを描いた。
  • 岡山は家族を大阪に残し単身で上京した。
  • 中学校からの卒業後には、クラリネット奏者を目指すべく、単身で上京するとともに音楽系の高校で指導を受けていた。
  • 出身地は静岡県浜松市で、15歳の時に単身で上京した。
  • そして2007年に単身で上京し数々のBATTLEイベントで好成績を収める。
  • 青森から単身で上京したこの無骨ぶこつな高校生と初めて対面したときは、正直、二十八も齢のちがう彼をどう扱えばいいものかとまどいを覚えた。 森絵都『DIVE!! 上 (RubyMate変換)』より引用
  • 津軽から単身で上京し、都会の喧噪けんそうにも新しい生活にも動じることなくやってきた彼が、今、あまりにも無防備な顔をさらしている。 森絵都『DIVE!! 上 (RubyMate変換)』より引用
  • やがて不漁が3年続いた末に家業が倒産してしまったことで、高等小学校卒業後は帯広の北海道製糖へ就職したが、学歴が無いことで技術を習得しようと一念発起し、単身で上京した。
  • 地元の中学校を卒業後、単身で上京し、一人暮らしをしながら東京都大田区の私立日体荏原高等学校に通う。
  • 高校を中退し単身で上京し、初めにヨネクラジムへ入門するが、大人数の選手や練習生を抱える環境に馴染めず、程なくして京浜川崎ボクシングジムに移籍する。
  • 中学校も福井市の足羽第一中学校に通ったが、1983年、単身で上京して堀米ゆず子宅に下宿しながら、桐朋女子高等学校音楽科に入学し、江藤俊哉に師事した。
  • 中学1年生の頃、単身で上京し、1985年4月21日、「霧雨のダイアリー」で歌手デビュー。
  • 中学生時代から声優になることが夢で、名張桔梗丘高校卒業後に単身で上京、劇団すごろくに入団し、アルバイトをしながら声優を目指す。