単に

全て 副詞
23,957 の用例 (0.02 秒)
  • まずこの反対関係が決して単に論理的なそれでないことは明らかである。 戸坂潤『科学方法論』より引用
  • だから、以前のはシステムではなくて単にスタイルであったに過ぎない。 戸坂潤『文芸評論の方法について』より引用
  • して見るとこれは単に専門の科学者についてだけの問題ではないのである。 戸坂潤『科学と科学の観念』より引用
  • が、彼が奪って居るものは単に九人の被害者の生命だけではありません。 菊池寛『ある抗議書』より引用
  • 本当らしい小説とは単に事件の発展に偶然性の少ないばかりではない。 芥川竜之介『侏儒の言葉』より引用
  • のみならず、単に間接の効果のためにのみ書かれる文章もあるのである。 坂口安吾『意慾的創作文章の形式と方法』より引用
  • ただ単に将校の気まぐれで、後になって違ったとか言われないだろうか? カフカ・フランツ『処刑の話』より引用
  • この自由は無条件には単に一般的で形式的な意識の自由に過ぎないだろう。 戸坂潤『技術の哲学』より引用
  • ここでは数学的範疇はもはや単に数学のものではなくて哲学のものとなる。 戸坂潤『イデオロギー概論』より引用
  • かかる物事に対する生活活動は単に習性という形でのみ私達に残される。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • 実験的とここで呼んだのは要するに単に実証的ということだったのだ。 戸坂潤『現代唯物論講話』より引用
  • たまたま「少し変へて」演出したとすれば、それは単に舞台装置である。 岸田国士『新劇運動の一考察』より引用
  • 知識の社会学はもはや単に一種の社会学として止まることは出来ない。 戸坂潤『イデオロギー概論』より引用
  • 村長は別に高い教育を受けてはゐなかつたが、単に詩人だつたのである。 岸田国士『農村の文化について』より引用
  • 神の観念のうちには疑いもなく単に可能的であるものは何もない。 三木清『省察』より引用
  • 単に外的感覚の判断のみではない、また内的感覚の判断もそうであった。 三木清『省察』より引用
  • 公式が用いられたのではなくて、公式が単に反覆自らを証明したに過ぎぬ。 戸坂潤『科学的精神とは何か』より引用
  • 処がこの場合、自然科学は実は単に自律的であることだけに止まらない。 戸坂潤『科学論』より引用
  • これは単にハイネの気もちと手軽に見て通ることの出来るものではない。 芥川竜之介『文芸的な、余りに文芸的な』より引用
  • ただ私は、単に私の心の命ずるままに行動したのにすぎないのであります。 喜田貞吉『融和促進』より引用
  • 次へ »