南朝

全て 名詞
2,334 の用例 (0.01 秒)
  • 南朝以降は州郡が設置されるようになり、韶関市は衡州の管轄となった。
  • 頼尚は今度は南朝と同盟し一色を挟撃しこれを撃破することに成功する。
  • この地で地頭をしていたが、南北朝騒乱で南朝側についたため没落した。
  • 今の教科書では、実は南朝こと吉野朝を正統の天皇としているのである。 井沢元彦『GEN 『源氏物語』秘録』より引用
  • 太武帝の時代には華北を統一し、北は柔然と戦い、南は南朝と対立した。
  • 南朝との関係では、倭の五王と冊封関係にあったことが知られている。
  • だが、松殿家は後に南朝側へ離反し、南北朝合一後は再び衰退へ向かう。
  • 北朝による支配が行われた後も南朝の行政区画が基本的に踏襲された。
  • 南朝では都督制度が発達していたころ、北魏では州鎮制度が発達した。
  • 三代将軍足利義満の頃、南北朝は合一するが、事実上南朝の吸収である。
  • その頃京都を脱出した直義は南朝に降伏し、師直追討のための兵を挙げた。
  • もともと北斉の軍は強く、これまで南朝と戦って敗れたことはない。 田中芳樹『匹夫の勇』より引用
  • しかし北朝の皇室を見る南朝の憎しみはどうしようもなかったであろう。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • 倭の五王による南朝への入貢の大半は宋の時代におけるものである。
  • 南朝梁に県が設置され、土地が肥沃なことから常熟の名がつけられた。
  • また文化にも理解を示し、この時代は南朝の中でも文化の最盛期と言われている。
  • 南朝の力は既に弱体化しており、退勢を挽回するまでには至らなかった。
  • その代わりに、次の天皇は南朝側から出すというものであった。 井沢元彦『GEN 『源氏物語』秘録』より引用
  • 倭国が、中国南朝と交渉を持ったのは倭の五王の時代のことである。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(下)』より引用
  • 室町時代初期、朝廷が南朝・北朝に分裂していた頃の創建とされている。
  • 次へ »

南朝 で始まる単語