南北朝時代

2,379 の用例 (0.01 秒)
  • 氏家氏が歴史上その名を知られるようになるのは南北朝時代からである。
  • 中国において晋から南北朝時代にかけて初めて用いられたとされている。
  • 南北朝時代には大いに音韻の学問が発達したが、現存する著作は少ない。
  • 南北朝時代に登場した安倍有世はついに公卿である従二位にまで達した。
  • 国分氏は南北朝時代から戦国時代末まで宮城郡南部を領した一族である。
  • 南北朝時代になると宋により廃止されたが、457年に再設置されている。
  • しかし南北朝時代から二字名が再び増え、現在ではほとんどが二字名である。
  • 南北朝時代というのは、この二つの朝廷が日本に存在していた時代を指す。 井沢元彦『GEN 『源氏物語』秘録』より引用
  • 南北朝時代以降は正官は任命されなくなり、もっぱら権官だけが置かれた。
  • 鎌倉時代末期から南北朝時代に一族の者が畠山氏に仕えたとされる。
  • しかし南北朝時代には草堂一つのほか何もなしと言われるほどに衰退した。
  • 五辻宮は鎌倉時代後期から南北朝時代のころまで存在していた宮家の一つ。
  • 南北朝時代には築かれていたようだが、誰が築いたのかは伝わっていない。
  • また、南北朝時代の重要な城跡遺構として国の史跡にも指定されている。
  • 南北朝時代、北魏により嵐州州治として設置された岢嵐県を前身とする。
  • 鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけて高松定隆の支配下にあった。
  • 南北朝時代になると東魏により懐恩県と改称され淮陰郡の郡治とされた。
  • 南北朝時代末までは大江氏を称したが、以降は寒河江氏を称したとされる。
  • 南北朝時代以降は正官は任命されなくなり、ほとんどの場合権官だけが置かれた。
  • 南京周辺の早期の歴史に詳しく、南北朝時代の地方史として重要である。
  • 次へ »