南北戦争

全て 名詞
4,007 の用例 (0.03 秒)
  • これは南北戦争の間に南軍が落としたことでは北部最大の都市であった。
  • 西部戦線は南北戦争の戦線の中でもある意味で最も重要なものになった。
  • 第二次南北戦争のときはもう日本に帰っていましたので、わかりません。 大野木寛『ラーゼフォン第02巻』より引用
  • この作戦会議は南北戦争の間にグラントが開いたものでは最後となった。
  • 南北戦争において連合国の支持を表明すると、彼の評判は更に低下した。
  • 州内の豊富な歴史と南北戦争後の雰囲気が多くの文学作品を生んできた。
  • これが南北戦争の始まりだったが、この交戦では一人も殺されなかった。
  • これらの最初の5隻は南北戦争時のモニター艦を再生したものであった。
  • 南北二つの文化圏同士で起こったこの大戦を「第二次南北戦争」と呼ぶ。
  • 東部戦線には南北戦争の経過の中で一般に名の知られた作戦が含まれている。
  • 南北戦争の最中ニューヨークは北軍の兵士、物資の重要な拠点であった。
  • 本艦は南北戦争中にアメリカ南部連合の同盟国だったフランスで建造された。
  • 南北戦争のため発行できなかった時期を除いて現在まで発行され続けている。
  • 正確な起源は明確となっていないが南北戦争の頃までは遡ることができる。
  • こういったタイプの大砲が戦場に登場したのは南北戦争からであった。
  • グラント将軍は、南北戦争当時、北軍の総司令官をしていた人物である。 夢枕獏『東天の獅子 第一巻 天の巻・嘉納流柔術』より引用
  • 第一次ブルランの戦いは、南北戦争の陸上戦闘では最初の大会戦である。
  • きっと、彼が南北戦争で北軍に派遣されたことでも思い出していたんだろう。 ドイル/鈴木幸夫訳『コナン・ドイル ホームズの回想(2)』より引用
  • このことは南北戦争の歴史家によって未だに議論されているところである。
  • ダーモットの見たかぎりでは、アメリカ南北戦争の一光景であるらしい。 カー/宇野利泰訳『皇帝の嗅ぎ煙草入れ』より引用
  • 次へ »