南北戦争時

88 の用例 (0.01 秒)
  • これらの最初の5隻は南北戦争時のモニター艦を再生したものであった。
  • 南北戦争時には南軍の重要な海軍基地で、北軍の大攻撃に屈している。
  • 郡名は南北戦争時の南軍総司令官ロバート・E・リーに因んで名付けられた。
  • 後に1861年の南北戦争時の南部連合で非公式の国旗として用いられた。
  • 南北戦争時の軍人リチャード・W・ダウリングもこの町の出身である。
  • 多くは南北戦争時の脱走兵やスパイだが、一部は軍人ではなく一般の犯罪者である。
  • 南北戦争時には、南軍寄りの過激派だったため、北部で破壊工作を行っていた。
  • イギリスからよりアメリカとの距離が近いため、南北戦争時はヨーロッパとアメリカを結ぶ中継地になっていた。
  • またどちらも南北戦争時は、南部連邦支持者のゲリラ活動に従事していたことが明らかとなっている。
  • ボーレンの親の大おじは、南北戦争時の将軍ヘンリー・ボーレンである。
  • 南北戦争時の「境界州」が、南部と北部の境界を形成している。
  • 艦名は南北戦争時の海軍士官であるウィリアム・グウィン少佐に因む。
  • 南北戦争時に軍楽隊でバンドマスターを務めた父親より、初期の音楽教育を受ける。
  • 南北戦争時に南軍の鉄道を破壊した。
  • 外装水雷は南北戦争時に南部連合の技術者であるシンガーによって発明された。
  • 郡名は南北戦争時の南軍の将軍で、戦中に戦死したジョン・グレッグに因んで名付けられた。
  • 南北戦争時、本銃はアメリカ陸軍の狙撃兵に用いられた。
  • 南北戦争時には南軍に参加した。
  • カルバーソン郡は南北戦争時のアメリカ連合国の兵士で弁護士のデビッド・カルバーソンの名を取って命名された。
  • モニターの語は、最初期の例である南北戦争時のアメリカ軍艦モニターの艦名に由来する。
  • 次へ »

南北戦争時 の使われ方