南北戦争前

104 の用例 (0.00 秒)
  • 歴史的地区は南北戦争前の背景として、ハリウッド映画に使われてきた。
  • 南北戦争前に始められた毛織物製造工場は衣類市場と共に成長を続けた。
  • 南北戦争前のアメリカ合衆国で奴隷制に関する議論には幾つかの側面があった。
  • これは南北戦争前の比率と同じだったが、事実上は選挙権が無かった。
  • ビーコンヒルは南北戦争前の奴隷解放運動の中心地のひとつであった。
  • また、南北戦争前の状態に復帰するよりも新しい南部社会の誕生を表してもいた。
  • 再建された家屋の幾つかは今でも南北戦争前の外観を残している。
  • 米国において南北戦争前の構造物が最も集中している地域の一つであるという特色を有する。
  • 東部は南北戦争前および戦中の統一維持派的傾向に基づいて共和党支持を続けた。
  • 南北戦争前のアメリカの南部では、農場主が奴隷女に生ませた子供は奴隷であった。 ベンダサン『日本人とユダヤ人』より引用
  • 南北戦争前は比較的人口が少なかったので、土地と村は主要輸送路となる川沿いでのみ開発された。
  • 昔から州人口の約半数はアフリカ系アメリカ人であり、南北戦争前はほとんど全員が奴隷だった。
  • 南北戦争前には奴隷のアフリカ系アメリカ人の労働によって支えられた綿花が主要作物だった。
  • 南北戦争前の時代に多くの邸宅や敷地を造ったのは初期の農園主特権階級だった。
  • 南北戦争前の時期、1820年から1860年頃にかけての指導的な技術者であった。
  • 郡名は南北戦争前のアメリカで有名な政治家ヘンリー・クレイに因んで名付けられた。
  • 南北戦争前、人口1人当たりの百万長者数は国内でも最大だった。
  • 南北戦争前の時代であり、黒人差別についても取り上げられた。
  • これら家系の中には南北戦争前のプランテーション時代から何世代も農業を営んできた者がいる。
  • また南北戦争前には、南部の黒人奴隷にとってこの川を渡ることは「自由への道」を意味していた。
  • 次へ »