協奏曲

全て 名詞
3,522 の用例 (0.03 秒)
  • また逆に協奏曲などを鍵盤用に編曲して演奏することもしばしばあった。
  • ピアノ協奏曲は一八五八年だから二〇年近くあとになるわけです。 柴田南雄『クラシック名曲案内ベスト151』より引用
  • ただこの協奏曲の着想は、随分以前のものであることを伝えておきたい。
  • また翌日の手紙には協奏曲は4つの楽章からなる作品であると書いている。
  • このニ長調の協奏曲は、このような逆境の中で書かれた曲の一つである。
  • 協奏曲や弦楽四重奏曲などと比べてもこの時代のピアノソナタは少ない。
  • この曲は、日本人がいちばん好きなヴァイオリン協奏曲じゃないかしら。 柴田南雄『クラシック名曲案内ベスト151』より引用
  • どうか私がラムのために作曲した協奏曲のことを忘れないで下さい。 モーツァルト/服部龍太郎訳『モーツァルトの手紙』より引用
  • ところで、この協奏曲ですが、なにか書く動機でもあったんでしょうか。 柴田南雄『クラシック名曲案内ベスト151』より引用
  • チェロ協奏曲以降、エルガーが大規模作品を完成させることはなかった。
  • おそらくこんにち最も有名な作品は、いくつかのオルガン協奏曲であろう。
  • それでこの際、私はヴァイオリンとピアノの協奏曲を作曲しています。 モーツァルト/服部龍太郎訳『モーツァルトの手紙』より引用
  • ピッチクラスセット理論の集中的な使用は『ピアノ協奏曲』から始まる。
  • また、多くの作曲家のヴァイオリン協奏曲のためにカデンツァを作った。
  • また彼はチェンバロを独奏楽器とするチェンバロ協奏曲を作曲している。
  • ヴァイオリン協奏曲はエルガーが大衆的な成功を収めた最後の作品となる。
  • ピアノ協奏曲のうち初めの三曲を聴いたとき、私は思わず涙が出た。 五味康祐『西方の音』より引用
  • 古典派の時代になると、協奏曲に合わせたソナタ形式が開発された。
  • 作品10として出版された『フルート協奏曲集』に含まれる楽曲である。
  • 幼少期からピアノを始め、7歳でモーツァルトの協奏曲を公開演奏した。
  • 次へ »