卓子を叩き

20 の用例 (0.00 秒)
  • 私はその場のヘンな空気をかえようとして、わざとドンと卓子テーブルを叩いて立った。 蘭郁二郎『蝱の囁き』より引用
  • 彼は何事か条件を持出もちだしているらしく、卓子を叩き叩き頻りに怒鳴り立っている。 ルブラン・モーリス『水晶の栓』より引用
  • その時、南さんはふいに両腕を押して、体操でもするような恰好をし、それからこぶしで卓子を叩いた。 豊島与志雄『南さんの恋人』より引用
  • 僕は卓子テーブルを叩いて、女の方に迫った。 海野十三『深夜の市長』より引用
  • それから私達は調子を揃えて卓子を叩いた。 豊島与志雄『蠱惑』より引用
  • 黄の太い指が卓子を叩いた。 矢作俊彦『東京カウボーイ』より引用
  • すると父親はみるみる激怒して来て、拳で卓子を叩いた。 チェーホフ・アントン『頸の上のアンナ』より引用
  • 私は怒って卓子を叩いた。 森見登美彦『有頂天家族』より引用
  • その剣で、大海人は部屋の中央の卓子を叩き割った。 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・壬申の乱』より引用
  • やがて、クリヴォフ夫人は法水の前に立つと、ケーンの先で卓子テーブルを叩き、命ずるようなきつい声音で云った。 小栗虫太郎『黒死館殺人事件』より引用
  • 物をあつらえるにも人にさきんじようとして大声を揚げ、卓子たくしを叩き、杖で床を突いて、給仕人を呼ぶ。 永井荷風『濹東綺譚』より引用
  • 秀麗は顔を真っ赤にして卓子たくしたたいた。 雪乃紗衣『彩雲国物語 01 はじまりの風は紅く』より引用
  • 女は卓子テーブルを叩いてち上った。 谷譲次『踊る地平線』より引用
  • と私は思はず叫んで、ドンと卓子を叩いた。 牧野信一『R漁場と都の酒場で』より引用
  • 「だが、どうも感心できん」別府将軍は、トンと卓子テーブルを叩いた。 海野十三『空襲葬送曲』より引用
  • と僕は卓子を叩いて点頭いた。 牧野信一『エハガキの激賞文』より引用
  • さっきからずいぶん飲んでいるはずなのに、頬が青白く、細い指が昆虫こんちゆうの触手のように、せわしなく黒檀の卓子を叩いている。 久世光彦『陛下』より引用
  • 横渡は、ドンと目の前の卓子テーブルたたいた。 森村誠一『日本アルプス殺人事件』より引用
  • 八郎は、物薄い調子で卓子を叩きながら、七郎のロマンテイシズムなるものが、如何にあやふやなものであるか、といふことに就いて、私の女房をとらへて切りに罵倒してゐる最中で、私と亭主が憂愁に富んだ顔を見合せてゐるのも気づかなかつた。 牧野信一『ゾイラス』より引用
  • 独逸ドイツ人は卓子テーブルを叩いて酒杯グラスにシミイを踊らせた。 谷譲次『踊る地平線』より引用