卓子の前

39 の用例 (0.00 秒)
  • 下を向き続けて赤味の上った顔を擡げながら彼は板を持って卓子の前に来た。 宮本百合子『一つの出来事』より引用
  • 彼は黙って足を引き摺って、家の中に入って来て、卓子の前に腰を降した。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 下巻』より引用
  • が、お藤がそこを離れない内に、最初彼の食事の給仕をした女が、急いで卓子テエブルの前へやって来た。 芥川竜之介『路上』より引用
  • 女は卓子テーブルの前に突立ったまま、身動きもせずドーブレクの喋るのを聞いていた。 ルブラン・モーリス『水晶の栓』より引用
  • 然し初めの二三日は何の経験もないので、黙って卓子テーブルの前にあって、雑誌の切り抜き等をさせられていました。 若杉鳥子『職業の苦痛』より引用
  • 眼の前に火薬庫が破裂したかのように、思わず両手を顔に当てて丸卓子テーブルの前にった。 夢野久作『暗黒公使』より引用
  • 僕は卓子の前から、ずいぶん長い尻を上げた。 海野十三『深夜の市長』より引用
  • 卓子の前の椅子に腰を下した。 豊島与志雄『理想の女』より引用
  • 艇長は、卓子テーブルの前へきて、椅子に腰をかけた。 海野十三『大宇宙遠征隊』より引用
  • 私共に応待した卓子の前にいた男は、立って行って、盲唖学校の近所にあるという一軒の家をサジェストした。 宮本百合子『思い出すこと』より引用
  • 一人の乗客は切符を持つて卓子の前へ動き出した。 横光利一『頭ならびに腹』より引用
  • 紫檀まがひの卓子の前へ坐ると、隣室から、女は銘仙の座蒲団を二枚持つて来た。 林芙美子『瀑布』より引用
  • 卓子テーブルの前まで戻って来ると、世界が急に真黒になりはてたように、何にも彼にもに気がなくなった私は、ぼんやりと食べかけの卵に小さい羽虫が飛びつくのを眺めていた。 宮本百合子『一つの出来事』より引用
  • 帆村がそういうと、とたんに警部は小卓子の前へ突進した。 海野十三『地獄の使者』より引用
  • 紳士が稍反身やゝそりみになつて卓子テーブルの前の椅子に腰をおろすと、鵞鳥のやうに白いうはぱりを着た給仕人がやつて来て註文を聞いた。 薄田泣菫『茶話』より引用
  • 俊助しゅんすけは紅茶茶碗を野村のむらの前へ置くと、自分も卓子テエブルの前の椅子へ座を占めて、不思議そうに相手の顔へ眼を注いだ。 芥川竜之介『路上』より引用
  • 長谷戸検事は、小卓子の前まで出て来て、大寺警部に向き合った。 海野十三『地獄の使者』より引用
  • 彼は、卓子の前に腰を掛けた。 宮本百合子『顔』より引用
  • 若林博士は、こう説明しつつ大卓子テーブルの前に引返して、ストーブに面した小型な廻転椅子を指しつつ私を振り返った。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • そこでチョイト外を覗くとすぐに大卓子の前の方へ引返して来たが、その態度は、今までよりもまたズット砕けた調子になっていた。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • 次へ »