卓子の下

29 の用例 (0.00 秒)
  • 気がつくと、石の卓子の下には、長ながとだれかが横たわっている。 山田風太郎『忍法帖6 魔界転生 上』より引用
  • と、博士は手にしていた蛇を、卓子テーブルの下へ、そっと捨てた。 海野十三『大使館の始末機関』より引用
  • 犬は写真機が怖いので卓子の下に隠れてゐた。 堀口九万一『フランソア・コッペ訪問記』より引用
  • 僕は何もいえなくなり、かの女から目を逸らし、卓子テーブルの下で指をポキポキ鳴らした。 李成『砧をうつ女』より引用
  • 未亡人は卓子テーブルの下からハンドバッグを取り出して札を勘定し始めた。 夢野久作『少女地獄』より引用
  • 突如また折江が卓子の下のほうから叫んだ。 横溝正史『呪いの塔』より引用
  • そこで祖父は自分のふだをそつと卓子の下へ匿して十字を切つた。 平井肇『ディカーニカ近郷夜話 前篇』より引用
  • 卓子テーブルの下から、醤があの長いへちまのようなひたいをぬっと出した。 海野十三『大使館の始末機関』より引用
  • そしてヘタヘタと卓子の下に、身体を崩れ折ったのであった。 海野十三『地球盗難』より引用
  • 卓子の下にも、長椅子の下にも、誰もいなかった。 森田草平『クリスマス・カロル』より引用
  • 課長は卓子テーブルの下で、拳銃ピストルの安全装置を外した。 海野十三『恐怖の口笛』より引用
  • 彼女が頭を抱え、ぱっと卓子の下に飛び込んだので、タカシはやっと、それがドアの音ではないことに気づいた。 矢作俊彦『夏のエンジン』より引用
  • 卓子たくしの下でこぶしにぎりしめ、それからゆっくり笑顔をつくる。 雪乃紗衣『彩雲国物語 外伝 1 朱にまじわれば紅』より引用
  • そのとき卓子の下から濛々もうもうと煙がふきだした。 海野十三『見えざる敵』より引用
  • 未亡人は卓子テーブルの下からハンドバックを取出してさつを勘定し始めた。 夢野久作『けむりを吐かぬ煙突』より引用
  • 彼は卓子の下から出ようとして、不図ふと、みどりと松山の境界線にあたる卓脚ていきゃくの蔭に落ちていた針のない鋲の頭を見付けた。 海野十三『麻雀殺人事件』より引用
  • 客の多くは卓子テーブルの下に潜りこみ、ただすっかり酔っぱらって動けない連中が椅子の上にダラリとよりかかっていた。 海野十三『恐怖の口笛』より引用
  • そんなことを私が説明するのを、刑事は聞く耳もたぬという気配で、私やHやSやG君の顔を代るがわる見較みくらべたり、卓子の下をのぞきこんだりしていたが、不意に興醒きようざめた不機嫌ふきげんな様子になりながら吐き出すように言った。 安岡章太郎『夕陽の河岸』より引用
  • それから彼は卓子テーブルの下へくぐりこむと床に顔を押しつけんばかりにしてあちこち調べていたが、吸取紙すいとりがみを四つに切って、四人の足の下と思われるあたりの床の上に、吸取紙すいとりがみをジッと押しつけ、何物かを吸いとるようにみえたが、これも又別々の紙包にして鉛筆で記号をつけた。 海野十三『麻雀殺人事件』より引用
  • 彼女は、小悧巧にも、自分のこの不純な思いに対する賠償ででもあるかのように、卓子の下で恋人の足を踏みたわむれるのであった、そしてその間にもドルヴエに揶揄い、アンドレに耳語することを忘れなかった。 レニエ『燃え上る青春』より引用
  • 次へ »