卓子の上につっ伏し

5 の用例 (0.00 秒)
  • すると「若禿」はぐったりとなって、卓子の上につっ伏してしまったのだった。 豊島与志雄『田舎者』より引用
  • そして彼女が立っていくと、岡野はじっと眼を据えていたが、急に、卓子の上につっ伏してしまった。 豊島与志雄『操守』より引用
  • 彼は駄々をこねるように身を揺っていたが、急に眼の底が熱くなってきて、卓子の上につっ伏した。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • だが、つぶっていた眼を彼女が薄く開きかけた時、私は身を引いて、卓子の上につっ伏して、こんどはほんとの涙を流した。 豊島与志雄『道化役』より引用
  • 彼は今にも泣き出しそうな顔付になって、窓掛の縁から冷たい夜風の流れ込む開いた窓を一心に見つめていたが、それから両手に頭をかかえて、卓子の上につっ伏してしまった。 豊島与志雄『月かげ』より引用