半径

全て 名詞
2,890 の用例 (0.02 秒)
  • 月は地球から二十四万マイルすなわち地球の半径の六十倍の距離にあるのだ。 小酒井不木『科学的研究と探偵小説』より引用
  • 最初は私を中心に半径三百メートルだったのがここまでで五十は縮んだ。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • これから計算すると地球軌道の半径は一四九五〇万キロメートルとなる。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • しかも自分ひとりではなく半径三メートルの範囲内すべてをカバーしている。 川原礫『アクセル・ワールド 05 -星影の浮き橋-』より引用
  • 彼らは半径二十マイルの円を描いて、その中にある島のリストをつくった。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『14 犯罪王レインボー』より引用
  • その日の散策は、半径としてはもっとも遠くまで行くはずのものだった。 小松左京『空飛ぶ窓』より引用
  • 今からこの時計を中心に半径一キロ以内のものは急速に時間が進んでいく。 清野静『時載りリンネ!2 時のゆりかご』より引用
  • この数字が小惑星の軌道半径に符合するのはまったく偶然の一致である。 ホーガン『星を継ぐもの』より引用
  • 従って角度の大きさは扇形の弧と半径の比で定義するのが一般的である。
  • 警官隊で維持できないような規模なら、半径をもっと縮めれば良いのに。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第04巻』より引用
  • 樹の幹を中心に枝の長さを半径にして、草の上にピンクの円形ができる。 片岡義男『ラハイナまで来た理由』より引用
  • これは店舗から半径500mを理想的な来店距離としているためである。
  • 回転中心の逆側でも同様に半径の差が現れ、これは外輪差と呼ばれる。
  • しかし外洋で半径十メートルと言えば、それは針の先のようなものだった。 安部譲二『時速十四ノット、東へ』より引用
  • 長い武器は回転半径が長くなるため効果もまた大きなものとなる。
  • また鉄道においては曲率半径の小さい地下鉄などに使われている。
  • 半径三メートル内の男が全員、物欲しそうにこっちを見てるじゃねーか。 野村美月『文学少女シリーズ11 “文学少女”と恋する挿話集2』より引用
  • これを緩和するには、リングの軌道曲率半径を大きくする必要がある。
  • よほど行動半径が似ているのだろう、月に一、二度はどこかで見かけている。 森瑤子『金曜日の女』より引用
  • これは、中国空軍が九六艦戦の行動半径の外に退いてしまったからであった。 掘越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』より引用
  • 次へ »