半分近く

441 の用例 (0.01 秒)
  • 彼女の夫は旅行会社に勤めていて、月の半分近くは家を留守にしていた。
  • 亜里沙は並べられている皿の半分近くにも箸をつけられず食事を終えた。 高橋克彦『南朝迷路』より引用
  • 大半が関東地方に集中しており、全店舗のうち半分近くが立地している。
  • 長さを半分近くにできることになり、魚道全体のサイズを小さくできる。
  • 半分近くの被災者が実際に水が浸入してきてから高潮の発生に気づいた。
  • 一週間に渡る反乱によって首都の半分近くが焼失もしくは破壊された。
  • その時点で、俺は男との距離約二十五メートルを半分近く詰めていた。 九里史生『SAO Web 03』より引用
  • その半分近くは半島戦争の古参兵であり、残りも守備隊から来ていた。
  • すっかり夜になっていたが、半分近くのスペースに車が停めてあった。 赤川次郎『幽霊散歩道(プロムナード)』より引用
  • 関東地方では珍しく標準服を採用している学校が半分近くを占める。
  • これで、彼女の前に並んでいるお守りは、半分近くが売れたことになる。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第06巻』より引用
  • 彼はコーヒーを飲んでいたが、半分近くを残したまま席を立った。 東野圭吾『レイクサイド』より引用
  • 一日五十本以上吸っていた煙草だが、いまはその半分近くにおさえている。 城山三郎『勇者は語らず』より引用
  • しかし、その人数の半分近くは、自分が入門した後に入った者たちである。 夢枕獏『東天の獅子 第一巻 天の巻・嘉納流柔術』より引用
  • ロレンスだって、人生の半分近くを商人として過ごしているのだから。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅴ』より引用
  • この新郡の半分近くは1816年9月までチカソー族の領域になっていた。
  • 最近男の数が女を上まわっている、といっても、まだ世の中の半分近くが女だ。 深田祐介『暗闇商人(下)』より引用
  • 以前は大半が就職をしていたが、近年は半分近くの生徒が進学を希望している。
  • 裕生はもうほとんど食べ終わっていたが、葉の皿にはまだ半分近く残っていた。 三上延『シャドウテイカー2 アブサロム』より引用
  • 死人のように青ざめて、長いかみが乱れてその顔を半分近くもおおっている。 赤川次郎『さびしがり屋の死体』より引用
  • 次へ »