半円

全て 名詞
1,198 の用例 (0.01 秒)
  • 病院の入口には報道関係者が半円の陣を組んで待ちうけてくれていた。 加東康一『岳史よ、生命あるかぎり』より引用
  • ポジトロン電子脳を収めた半円形の大司令室には、ほかにもう一人いた。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『08 銀河の時空を抜けて』より引用
  • 木でできた半円形の階段はつややかに磨き上げられ、二階へと続いていた。 エディングス『エレニア記5 聖都への旅路』より引用
  • 広い半円形の回廊で、驚いたことに、その壁には無数の扉が並んでいた。 ムーア『暗黒神のくちづけ―処女戦士ジレル』より引用
  • 化物グモの左に五頭、右に五頭、半円から円へと包囲陣を形成していく。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿05 黒蜘蛛島』より引用
  • 十人近い少女たちが、池を背に立った裸の少女を半円形に取り巻いていた。 皆川博子『水底の祭り』より引用
  • 水木を中心に半円状に並んだ五人の男たちが大型のビデオ画面を見詰めた。 足立倫行『妖怪と歩く ドキュメント・水木しげる』より引用
  • この平行四辺形の二つの長辺の一辺は、大きな半円形の座席になっていた。 ユゴー/榊原晃三訳『九十三年』より引用
  • 対日点は、観察者から見れば地平線の下にあるので、虹は半円に見える。
  • 警察から来るまで、死体を中心にアパート中の人間が半円になって囲んだ。 松本清張『高台の家』より引用
  • エリアードはその半円を描くような岩場に力のようなものを感じとった。 小沢淳『ムーン・ファイアー・ストーン1 金と銀の旅』より引用
  • 中には例の骨牌かるたのような恰好をした半円の青い札がはいっていたのである。 森鴎外『雁』より引用
  • 半円心の部分に川を背にして手錠てじようをかけられた数名の日本人と中国人がいた。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 覆面の男たちがそこに集まっており、七、八人が半円を作って立っていた。 荻原規子『西の善き魔女1 セラフィールドの少女』より引用
  • 遠くに、トンネルの出口が小さく白い半円状の点になって見えました。 乙一『さみしさの周波数』より引用
  • 物乞いどもが五、六人半円の列を離れていったが、すぐにまた戻ってきた。 ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(上)』より引用
  • するとそこに、彼女の若い歯形の半円が、赤紫色のあととなって残った。 コレット/石川登志夫訳『青い麦』より引用
  • 床には滑石粉かっせきこがまいてあって、弟子たちは黙って半円を描いて立っていた。 マン/植田敏郎訳『トーニオ・クレーガー』より引用
  • 機体の右側には、白や灰色の雨雲をバックに綺麗きれいな半円のにじが出ていた。 米谷ふみ子『過越しの祭』より引用
  • 後に、道路などに面して自立した半円形の建造物が建てられることもあった。
  • 次へ »