半兵衛

全て 名詞
1,500 の用例 (0.02 秒)
  • 店へ出てきたのは半兵衛の娘で、八五郎を迎えに行ったというおそめでした。 野村胡堂『銭形平次捕物控 15』より引用
  • 九沢半兵衛の居所はまだわからないらしく、百造はそれを告げに来ない。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • そして半兵衛は、秀吉がいかに将来性のある大器であるかを説き出した。 山田風太郎『忍法剣士伝』より引用
  • 美濃侍の竹中半兵衛を口説いて自分の家来にしたのもその一例であった。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 勝つためには手段を選ばない、というのが半兵衛の戦い方なのだろう。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • 私はこういう恰好をして寝ている半兵衛をどれ程長い間見て来たのか知れない。 金史良『光の中に』より引用
  • あるいは半兵衛の居所は知れていても、百造が告げないということもある。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • 半兵衛が昨日言った通りの信長の命令を持ってきたのであった。 海音寺潮五郎『新太閤記(二)』より引用
  • 十数人いた仲間が、半兵衛と左柄次郎左衛門を残して消息を絶っている。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • そんな気で有松へ行ったと半兵衛さんが知ったら、なんていうだろう。 平岩弓枝『御宿かわせみ 27 横浜慕情』より引用
  • 九沢半兵衛は刀を水平に構え、柄頭つかがしらへそのあたりに当てていたのである。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • そう見るにつけ、半兵衛の胸は、可憐いじらしと思う気持でいっぱいになった。 吉川英治『黒田如水』より引用
  • しかも、半兵衛はこの北国街道を高田まで弥介が行くことを知っている。 峰隆一郎『人斬り弥介 第02巻 平三郎の首』より引用
  • と叫んで刀を抜いたときには、半兵衛は五間ほども離れていた。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • 竹半とは、ついこのあいだ亡くなった名軍師、竹中半兵衛のことである。 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・本能寺の変』より引用
  • 浪人の首根から血が噴き出すのを見ても、半兵衛の姿は動かなかった。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • 初午はつうまの日、久しぶりに半兵衛に会ったときも、ひどく顔色が悪く見えた。 峰隆一郎『人斬り弥介 第02巻 平三郎の首』より引用
  • 東吾と源三郎をみて、半兵衛はへりくだった挨拶をしたが悪びれなかった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 01』より引用
  • 半兵衛は腰にさしていた山刀を抜いて、老僧の真向から切りおろした。 田中貢太郎『山の怪』より引用
  • 実に私はその半兵衛とは二カ月余りも同じ留置場に寝起きしていた。 金史良『光の中に』より引用
  • 次へ »