半信半疑の表情

26 の用例 (0.00 秒)
  • 職員の永井は何をいい出したのかと半信半疑の表情のままだ。 和田はつ子『薬師』より引用
  • まだ半信半疑の表情で子供たちはそのガムを受け取っていた。 工藤美代子『工藤写真館の昭和』より引用
  • 突然、異常な夫婦間の秘密を打ち明けられて、雅子は半信半疑の表情である。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • 半信半疑の表情になった藍に、手に持っているものを見せる。 貴志祐介『クリムゾンの迷宮』より引用
  • 大屋二尉は、半信半疑の表情だったが、一歩先に内山の家から出た。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • まわりの人々は半信半疑の表情だった。 小野不由美『悪霊シリーズ 5 悪霊になりたくない!』より引用
  • 鉄ちゃんが半信半疑の表情で中原さんを見た。 西村京太郎『浅草偏奇館の殺人』より引用
  • 一同は、半信半疑の表情になって、夜八郎を、見つめた。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (下)』より引用
  • 役人も首をかしげて半信半疑の表情だった。 藤沢周平『回天の門』より引用
  • 諸橋から事情を聴いて「結構な身分だ」と羨むが、半信半疑の表情の者もいる。 森村誠一『悪魔の圏内(テリトリー)』より引用
  • 警部は半信半疑の表情だったが、英策の言葉にも一理あるとでも思ったのか、間もなく控室ひかえしつへ、阿部勇吉をつれて入って来た。 高木彬光『姿なき女』より引用
  • 半信半疑の表情ながら、間宮の語調には期待がにじんでいた。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • おこなは半信半疑の表情をしている。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さらば深川』より引用
  • 半信半疑の表情の俺に構わずホビットは続けた。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • 三人は、まだ、半信半疑の表情だった。 西村京太郎『原子力船むつ消失事件』より引用
  • 亀井は、半信半疑の表情になっていた。 西村京太郎『闇を引き継ぐ者』より引用
  • るいも半信半疑の表情でうなずいた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 14 神かくし』より引用
  • 敬子は半信半疑の表情であった。 半村良『不可触領域』より引用
  • 安兵衛からそんな怪異をきかされて、半信半疑の表情をした五人の剣士も、浜名湖の手前新居あらいの関所を越えてから、改めて狼狽ろうばいしないわけにはゆかなかった。 山田風太郎『忍法破倭兵状』より引用
  • 山路は半信半疑の表情だった。 森村誠一『日本アルプス殺人事件』より引用
  • 次へ »