半信半疑

全て 名詞
1,497 の用例 (0.02 秒)
  • そして、人々も裁判所も半信半疑の内に彼は病気になって死んでしまう。 江戸川乱歩/紀田順一郎編『江戸川乱歩随筆選』より引用
  • あまりにも信じられない仮説に到達して自分でも半信半疑の状態である。 高橋克彦『パンドラ・ケース よみがえる殺人』より引用
  • 彼女の周囲の人間も驚いたが、党のほうでも最初は半信半疑であった。 澁澤龍彦『世界悪女物語』より引用
  • 半信半疑だったが、王の表情を見る限り信じないわけにはいかなくなった。 森福都『長安牡丹花異聞』より引用
  • と半信半疑で立寄つて見たのだが、入口の戸は半ば開けはなたれてゐた。 島木健作『黎明』より引用
  • 二人は半信半疑の面もちで、それでもちゃんと老婦人を見てうなずいた。 今野緒雪『マリア様がみてる 03 いばらの森』より引用
  • 甲府へ遊びに来るというときも、瑛子の顔を見るまでは半信半疑でいた。 山口瞳『人殺し(上)』より引用
  • 確かに俺の腹は元通りになっているけど、正直遠坂の話には半信半疑だ。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • だが、真希自身はそれを経験していないので、まだ半信半疑だったのだ。 梅原克文『カムナビ(下)』より引用
  • と思う一方、本質的に合理主義者である信長は、まだ半信半疑であった。 山田風太郎『忍法行雲抄』より引用
  • 半信半疑で聞いていた私も、三度呼ばれて見れば、はッと思いました。 島崎藤村『旧主人』より引用
  • そうしてもちろん汝自身から聞いたのでないから半信半疑でいたのだ。 伊藤野枝『出奔』より引用
  • 半信半疑で第百三十八条を読むと、なるほど一日だけ空いている日がある。 江川卓『たかが江川されど江川』より引用
  • どこまでが自分で本当に体験したことなのか、正直なところ半信半疑だった。 阿刀田高『消えた男』より引用
  • お前のことを色々と聞いて半信半疑だったが、これで事情がはっきりした。 南條範夫『山岡鉄舟(三)』より引用
  • くりかえすようだが、こんなことを言っても、だれも半信半疑だろうな。 星新一『きまぐれ博物誌』より引用
  • ここまでの話、半信半疑にしても、いてきてくださっているだろうか。 玄侑宗久『死んだらどうなるの?』より引用
  • しかし、半信半疑のあとの半分はというと、やはり信じたのであろう。 阿川弘之『山本五十六』より引用
  • まだこの時点では、こんなことが商売になるのかと半信半疑だった。 桐野夏生『OUT(下)』より引用
  • もう一度その名を言わせてからも、なお半信半疑なまま、彼は叫んだ。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(4)』より引用
  • 次へ »