半ば駆ける

8 の用例 (0.00 秒)
  • するとここで光秀隊は急に先駆に立ち、半ば駆けるようにして京へ向った。 半村良『産霊山秘録 上の巻』より引用
  • 架山が言うと、秘書の青年はくるまの方へ半ば駆けるように去って行った。 井上靖『星と祭上』より引用
  • 佐久田にわずかに遅れて、本館の前の敷石の道を西へ向かって半ば駆けるように歩いた。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • なかけるようにしてジゼルたちは亡霊の後を追った。 小林めぐみ『ねこのめ 第2巻 羅針盤の夢』より引用
  • と言って、半ば駆けるように行ってしまった。 赤川次郎『怪盗の有給休暇』より引用
  • 敏夫は半ば駆けるようにして迷路の中心に出た。 泡坂妻夫『乱れからくり』より引用
  • 一度胸に抱き取った春菜を慌てておろすと、日登美は半ば駆けるように廊下を走って、寝室の中に転げこんだ。 今邑彩『蛇神』より引用
  • 夜明け前の道はしもが降って寒く、子供の足に道のりは長く、しかも港町から半ば駆けるようにして三日の距離を踏破とうはした足は、一晩程度の休息ではいっかな疲れが取れた気もしなかったが、珠晶しゅしょうはそれを少しも気にしていなかった。 小野不由美『十二国記 08 図南の翼 小野不由美』より引用