千鶴子

全て 名詞
1,837 の用例 (0.02 秒)
  • もしかすればそれは千鶴子の母のかもしれないと矢代は気がかりだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子の擦りよって来た手を指環の上から握り矢代は曳くように歩いた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 彼の後から廊下を随いて来た千鶴子にエレベーターの口で彼は手をさし出した。 横光利一『旅愁』より引用
  • しかし、何を云おうとも千鶴子はもう日本へ着いているにちがいなかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • と今度は強く千鶴子は云って笑顔を消し矢代の答えを待つ風だった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子は霊屋の方に向いたまま、うらうらとした光に眼を細めて云った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 帽子を手にした矢代を見ると千鶴子は、不審しそうに黙って立ち上った。 横光利一『旅愁』より引用
  • と久慈はもう千鶴子を迎えに自分らの来たことなど忘れてしまったようだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • と千鶴子はまだ躊躇の様子で、動かぬ霊柩車の飾りの中を眺めて云った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子もそのとき藤尾と並び男の客たちから少し離れた椅子にかけた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 可也君だけが、黙って太郎と千鶴子の娘の子と並びながら、歩いている。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • それは千鶴子とはも早や何んの関係もない、自然の法悦のようなものだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • ロココ風な等身大の肖像画のかかった食堂で矢代は千鶴子と食事をした。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子ちゃんが心配して、何度も私の処に見えなさしたとだすよ。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • 千鶴子のそう云うのに矢代は、たしかにそれもそうだと思うのだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代はそこまで聞くと千鶴子のいうこともようやく頭に這入って来た。 横光利一『旅愁』より引用
  • 急に千鶴子は立ち停ると腕にかかった花弁のようなものに驚きの声を上げた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 嗽いをするような秘かな水音に包まれその中に今も千鶴子がいるのだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 薄化粧もすました千鶴子はただ彼の来るのを待っているばかりだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 彼は暗怪な僧侶どもの手の中から千鶴子を救い出したくてならなかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 次へ »