千鶴子は矢代

21 の用例 (0.00 秒)
  • 久慈は真紀子と組み、千鶴子は矢代と組んで客たちの中へ流れていった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子は矢代の顔を見ながら、片頬の靨に快心の微笑を泛べて頷いた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子は矢代の突然の話も、さきからの彼のいつものと違う変化を知っているためか、さして驚いた風はなかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 葡萄酒が来て女中が下へ降りてから、千鶴子は矢代の後の床へ膝をつき寝台の上で黙ってお祈りをした。 横光利一『旅愁』より引用
  • そして、塩野は彼に黙って礼をすると、千鶴子は矢代の母に礼をしてから次ぎに意味もなく自然に彼と眼が合った。 横光利一『旅愁』より引用
  • と、今度は千鶴子は矢代にはっきりした笑顔で云った。 横光利一『旅愁』より引用
  • と千鶴子は矢代の声も聞えない風だった。 横光利一『旅愁』より引用
  • と千鶴子は矢代の疲労の色を見てとって云った。 横光利一『旅愁』より引用
  • それは恋愛というべきものではない、心やすさのままな自由な交際であったが、そのころはまだ千鶴子は矢代ともあまり言葉も云わない間だった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 白鳥を見るだけでは少し二人の時間の長すぎたのをどちらも感じ合うと、千鶴子は矢代から放れて芝生を登った。 横光利一『旅愁』より引用
  • と、千鶴子は矢代の横へ立って来て云った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子は矢代を正面からじっと見詰めて眼を放さなかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子は矢代も当然二人の別れる日の迫っていることを感じているらしい風情で、葵の真直ぐな茎に手をあてながら云った。 横光利一『旅愁』より引用
  • しばらくして、千鶴子は矢代の後ろへ来ると訊ねた。 横光利一『旅愁』より引用
  • ふとまた沈みかかろうとする気力を、ひき立てては自分を支える努力で、千鶴子は矢代を見るのだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 医者に塩野の容態を訊ねてみても要領を得ずじまいで、ただ眠らせつづけている以外方法はないとのことだと、千鶴子は矢代に説明した。 横光利一『旅愁』より引用
  • 棕櫚竹の葉のなだれかかった窓際で、千鶴子は矢代に訊ねた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子は矢代と幸子との間にあった昨夜の不明瞭な喰い違いの様子も敏感に察したらしく、場所には似合しからぬ唐突な笑顔だった。 横光利一『旅愁』より引用
  • と千鶴子は矢代を呼んだ。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子は矢代に気附かれた具合の悪さで首を曲げ、燠の灰を払い落して立てよせながらも、やはり虚ろなように元気が乏しかった。 横光利一『旅愁』より引用