千鶴子は真紀子

5 の用例 (0.00 秒)
  • 千鶴子は真紀子に一寸会釈をしてからパリの屋根の下を唄い出した。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子は真紀子を見降ろすようにしてから、笑顔も見せずまた矢代の顔をいつもより強い視線でじっと見詰めた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子は真紀子の弾奏中にすでに次ぎに廻って来るものと覚悟をしていたものと見えて、すぐ臆せず立ち上った。 横光利一『旅愁』より引用
  • と見かねた千鶴子は真紀子にすすめても、真紀子は何か決するような表情でいちいち電話を処置していた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子は真紀子に電話をかけ、無骨な矢代のことだからまごまごすると困るというので、自分に代ってオペラの案内を頼むと申し込んだ。 横光利一『旅愁』より引用